2017年06月20日

日本ジャーナリスト会議、緊急声明:国会不在の共謀罪法案強行成立に抗議する

JCJ共謀罪強行声明.pdf
緊急声明:国会不在の共謀罪法案強行成立に抗議する

  政府・与党は、参議院法務委員会の審議、討論と採決を省略して、委員長中間報告によって本会議採決を強行、共謀罪新設法案の強行成立させた。
 メディアは「奇策」と報じたが、「国会の自殺行為」としかいいようがない。われわれは、「内心の自由」「表現の自由」を破壊し、警察権を拡大して、戦争が出来る国をつくる改憲をめざす安倍内閣に対し、満身の怒りを込めて抗議する。
 共謀罪法案について政府は、マフィア対策でしかない条約を「テロ防止条約」だと偽り、組織外の周辺の人をも含んで捜査の対象とされるのに「一般人は関係がない」とウソの答弁を繰り返した。そして、法案自体、277といわれる対象犯罪の数どころか、構成要件とされる「計画」や「準備行為」の定義はあいまいなままで、「何をしたら罪になるのか」さえ明らかにされていない欠陥、かつ憲法違反の法案である。
 今回の強行は、安倍政権の目玉政策の「特区」が、実は首相の親友の学園に便宜を図り、政策自体が歪められた疑惑が国会審議で明らかになり、その進展を恐れた政権が「加計隠し」を図ったものだと指摘されている。しかし同時に、それだけでなく、「2020年に9条改憲の施行」をめざす安倍政権が今年中の自民党案作成、2018年12月の衆議院任期中の改憲発議、国民投票、さらに天皇退位、元号改元、などという独裁的「改憲スケジュール」に乗ったものだとも取りざたされている。
 われわれは共謀罪法案の新設と安倍改憲戦略の狙いを見抜き、日本を再び暗黒の時代に戻すことがないよう、日本国憲法を擁護し、改憲を許さず、平和と人権、そして民主主義を進めるジャーナリズムの精神を貫き、あきらめず闘い続けることをここに声明する。

2017年6月16日

日本ジャーナリスト会議
   
posted by マスコミ9条の会 at 16:41| Comment(0) | マスメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

映画演劇労働組合連合会:「共謀罪」強行採決に抗議し、廃止を求める声明

「共謀罪」強行採決に抗議し廃止を求める声明190616.pdf
「共謀罪」強行採決に抗議し、廃止を求める声明

 2017年6月14日自民公明維新の三党は、「共謀罪」法案の参議院法務委員会での審議・採決を「省略」し、本会議で「中間報告」を行い、15日早朝に採決を強行した。
 私たち映演労連は、この常軌を逸した「究極の強行採決」に対し、満身の怒りを持って強く抗議するものである。法務大臣の支離滅裂な答弁によって法務委員会での審議が空転し、凡そ正常な議会運営とは程遠い状況での、事実上の審議拒否と採決の強行は、議会制民主主義の否定であり立憲政治の破壊に他ならず断じて許されるものではない。
 一方今国会では、一連の森友・加計学園問題が追及され、官邸、内閣府の「忖度」によって、「日本会議」など首相の極右人脈につらなる人物に、多大な便宜・利益の供与が図られたことが明らかとなりつつある。「全体の奉仕者」であるべき公務員は「権力者の下僕」になることを強いられ、内部告発者に対しては一部メディアも加担した人権侵害が行われるなど、首相の「国家権力の私物化」の嫌疑が日増しに深まっている。
国民・国会を愚弄する今回の蛮行が、国会会期を延長することなく森友・加計学園疑惑への追及を振り払い、事態の幕引きを図るための方策として企てられたのであれば、安倍晋三首相は「憲政史上最も陋劣な宰相」との誹りを免れない。
 政府・与党は「共謀罪」法案を「テロ等準備罪」関連法案と称しているが、法案は「テロ対策」と無関係でありTOC条約の批准要件でもないことは明白である。この間の野党や市民の追及・調査で明らかとなった法案の本質は、国民の内心の自由を侵害する違憲立法だということである。
 国民の大半が何らかの形で参加している市民運動、住民運動、労働運動が警察の恣意的判断で「組織的な威力業務妨害」とみなされ、捜査の対象とされかねず、市民の日常生活が、常に捜査機関の監視下におかれ、戦前の「隣組」のように相互監視・密告社会化する危険性も明らかとなっている。
 さらに法案については国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏から、「プライバシー権や表現の自由が侵害される危険がある」という強い懸念が示されたが、安倍政権はこれに一切答えず「事実誤認」だと感情的に反発し、国際社会に対する民主国家としての信頼も失墜させた。
 日本国憲法の基本理念を踏みにじって「特定秘密保護法」「戦争法」を強行成立させ「戦争する国」へと暴走を続ける安倍政権は、今また対象犯罪が277に及ぶ「共謀罪」によって市民社会に網をかけ、戦争や原発再稼働など、現政権に反対する言論を封殺しようとしている。
 映画・演劇界の先達は「治安維持法」に続く「映画法」などの法律によって自由な表現・創作活動が禁じられ、 国家による厳しい検閲と監視のもとに戦争協力を余儀なくされた。
 私たち映演労連は、前代未聞の強行採決に強く抗議するとともに、内心の自由を侵害し、監視・密告社会を招来する違憲立法「共謀罪」を、全力を挙げて廃止させることを誓うものである。
2017年6月16日

映画演劇労働組合連合会
中央執行委員長 金丸研治

posted by マスコミ9条の会 at 16:25| Comment(0) | マスメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政権による公務の私物化を許さない

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月18日
政権による公務の私物化を許さない

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 国政私物化の安倍政権のもとで、公務員は官邸のごり押しに振り回されている。職務に忠実になるとはどういうことか。国民に対する奉仕者としての任務はどう果たせるのか。公務員であること故の悩みは尽きない。その悩みや言い分は公務員の内部からは出しにくい。それを出させたのが公務員の労働組合だ。

 6月13日、国公労連が院内で開いた集会のタイトルは「加計・森友問題の徹底解明を求め、公務員・行政の私物化を許さない6・13緊急院内集会」。――「『公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない』(憲法15条)にもかかわらず、『一部の権力者の下僕になることを強いらる』(前川喜平文部科学省前事務次官)事態が続発しています。国公労連は、国の行政現場から、加計学園・森友学園問題の徹底解明を求めるとともに、公務の公正・中立性の確立を求めます」。

 14日付『赤旗』がこの集会の模様を報じている。写真によると会場の席は全部埋まっている。主催者挨拶は岡部勘市委員長。「核心は、政治権力によって公正であるべき行政がゆがめられ、税金が不適切に使われたのではないかということだ。国民の基本的人権、安全・安心を守る公務のあり方を根幹から揺るがす問題だ」。

 全経済産業労組飯塚盛康副委員長は「公務員を下僕のように扱い、問題が起きれば、個人に責任を押し付ける安倍政権に怒りの声をあげよう」と呼びかけた。国公労連鎌田一書記長は「首相官邸が幹部人事を握り、公務員が政権の意向に従わざるを得ない仕組みになっている」と指摘する。

 国公労連の集会案内によれば、このほか「”霞が関不夜城”の過労死ラインで懸命に働く職員への理不尽」「背景にある国家戦略特区と内閣人事局の問題点」などの報告があったはず。また菅官房長官を記者会見で追いつめた東京新聞の望月衣塑子記者も発言したと聞いている。

 労働組合の社会的役割は、企業経営のチェック機能だとおれは思っている。公務員労組の場合は行政のチェックだ。今回の国公労連の取り組みはまさに労働組合がやるべきことをきちんとやったということだ。労働組合の存在感が薄くなっている昨今、国公労連の努力に敬意を表する。
posted by マスコミ9条の会 at 16:11| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行・南イタリア(2015年)A

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月17日
海外旅行・南イタリア(2015年)A

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

18日は絶景のアマルフィ海岸ドライブ(前のブログでポンペイ遺跡見学を16日と書いたが17日の間違い)。これは思わぬ飛びきりの体験だったね。切り立った崖の縁のくねくねと曲がる狭い道をバスがつっ走る。紺青の空と海、白い波濤。アマルフィの街で食べた昼食も美味。ビバ・イタリア―ノだ。

 ナポリ夕方7時発の国内線でシチリア島の玄関口パレルモへ。パレルモはシチリア島北西海岸にある州都で、有史以来さまざまな国の支配を受けてきた。それだけ史跡が多い。――ホテル・プラザオペラにチェックインしたのが10時。ありあわせのアルコールとつまみで軽く反省会をやって寝た。

 19日は朝一番でモンレアーレに移動し、ドゥオーモの見学。ドゥオーモそのものより付属して12世紀に建てられたという「回廊付き中庭」が気に入った。色鮮やかなタイル貼りの円柱が林立する様は、以前に見たスペインのアルハンブラを思い起こさせる。午後ノルマン王宮にも案内されたが、ガイドが褒めたたえるほどのものでもない。夕方5時に一度ホテルに戻り7時半から夕食のため徒歩でレストランへ。

 夕食の献立。いわしの団子、かぼちゃの甘酢煮、茄子のカポーナ―タ、パスタ、スズキの鰭のポテト包み焼き、デザート。もちろんこれにビールとワインだが、ワインはレストランで頼んでも20ユーロ以下だ。日本で飲むイタリアワインは防腐剤が入っていてカビ臭いが、こちらではすっきり味で最高だ。

 20日の午前中はパレルモ市内観光。マグロのブロックを無造作に売る市場が面白かった。午後はバスで2時間半かけてアグリジェントへ。シチリア島南部の地中海に面したリゾート都市だ。ホテルは畑の真ん中に突如現れる。山小屋風の2階建て、花に囲まれた中庭、眺望の先に小さく神殿の柱が見えた。

 翌日はこの神殿に向かってバスが行く。世界遺産「神殿の谷」と呼ばれ、エルコーレ神殿、コンコルディア神殿、ジュノーネ神殿と続く。それぞれ価値のあるものなのだろうが、なにしろパスを降ろされ歩きづめ。おれには「苦しみの谷」だった。やっと見終わり、バスでピアッツアルメリーナへ。

 途中で昼食。なんとかメリーナでは古代ローマ別荘カサ―レなる遺跡へ連れて行かれたが、もう遺跡はたくさん、早くホテルについて休みたい。とにかくおれもトシだなあ。夕方6時、やっとシチリア島最大の都市シラクーサに着いた。ホテル名がウナ・ホテル・ワン。ワンという割にはぱっとしないホテルだった。
posted by マスコミ9条の会 at 16:06| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

共謀罪「急いては事を仕損じる」ぞ

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月15日
共謀罪「急いては事を仕損じる」ぞ

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 「急いては事を仕損じる」「慌てる乞食はもらいが少ない」「急がば回れ」「そのスピードが死を招く」「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」――急ぎ過ぎを戒めることわざや惹句は多い。ところが「モリ」と「カケ」で追いつめられた安倍政権はそんなことわざに構ってはいられないらしい。

 本15日午前7時30分過ぎ、共謀罪法案が委員会省略という新手を使って強行成立した。『毎日』は15日付朝刊1面で「立法府の劣化深刻」と平田政治部編集委員名で政権のやり方を批判。「長期政権のおごりと、それをただすべき立法府の劣化が日本の民主主義に禍根を残した」。

 同日付『赤旗』によれば、昨夜から今朝にかけて国会周辺はもちろん全国会地で「共謀罪採決を許すな」の声が唱和したという。おれも腰が痛くなければ参加したかったな。1989年に総評が解体してから、日本の大衆運動はずっと沈滞していた。数万人規模の政治的な集会・デモは絶滅したかに思えた。

 それが復活したのはあの福島・原発事故が契機だ。2011年9月19日、代々木公園を埋めた7万人の人波の中でおれは感激に震えたね。日本の民衆は沈黙を脱して「さよなら原発」の声を上げたのだ。この日の集会は大江健三郎、澤地久枝さんら個人の呼びかけだったが、それが組織化され、翌12年7月16日の代々木公園17万人集会・デモに引き継がれた。若者の参加が目立ってきたのはこの頃からだ。

 それからは特定秘密保護法、戦争法、沖縄辺野古基地などに反対する大衆運動が日に日に大きく膨れ上がった。運動の特長は「法案が強行されても諦めない」こと。おれたちの若い頃の大衆運動は、例えば60年や70年安保闘争のように政府権力に負けるとすぐ挫折感にとわれてへこたれた。そこが違う。

 秘密保護法でも、戦争法でも権力側が無理を通して強行すればするほど新しい運動が起こり、新しい人たちが参加、新しい組織がつくられる。今度の共謀罪反対闘争でも、戦争法当時のシールズの精神を引き継いだ「未来のための公共」(未来公共)という若者組織が大活躍した。凄いことだ。

 だからこそ政権側は大衆行動を封じ込める策謀にのめりこむ。今回の共謀罪強行はその最たるものだ。法案成立によってたたかいは新たな段階になるが、日本の大衆運動がさらに強大になる展望が見えている気がする。
posted by マスコミ9条の会 at 18:02| Comment(0) | 新聞報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行・イタリア南部(2015年)@

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月14日
海外旅行・イタリア南部(2015年)@

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 「ナポリを見て死ね」という言葉がある。終活の一環としてどうしてもナポリへ行かねバならないという固い信念を持った。そんなことで例によって旅行社たびせん・つなぐに相談して「お仲間で行く陽光輝くイタリア南部11日間」なるツアーを企画。お仲間を募った13人が応じてくれた。

 新聞関係の岩田(毎日)、平沼(東京)、浅見(会友)。東電関係の近藤夫妻、大坂、寺田さん。出版の生駒夫妻、油田さん。松戸市の堀田夫妻。それと添乗員の荒井さん。女房が13時間も飛行機に乗るのは耐えられないというので今回はおれ独りだ。5月15日11:15、アリタリア航空で成田を発つ。

 ローマには現地時間の19:00に予定通り着いてここでナポリ行きに乗り継ぎだ。出発は21:25のはずが一向に搭乗案内がない。登場ゲートも二転三転して混雑する空港内をうろうろ。とうとう日付が変わった0:30にやっと機内へ。1:30にナポリへ着いた。荷物を受け取って外へ出たら午前2時。イタリアって国は大変なところだ。バスでホテルへ。ホテルの名はメルキューリ・ナポリ・セントロ。

 16日は9:30にホテルを出て港まで歩きカプリ島行きの船を待つ。天気はどんより曇っていて風も強い。11:20にはカプリ島に着いたのだが、悪天候のため青の洞窟見学は中止。ケーブルカーで島の一番高い所へ。崖があって波が砕けていてカモメが飛んでいる。ウンベルト広場はおみやげ屋だらけ。

 昼食のワインとパンはうまかったが、散策疲れでもう帰りたくなった。と言っても帰りの船は16:30と決まっている。おれは石のベンチに座ったまま観光客の足を見ていた。夕食は市内のシーフードレストラン。たぴせんが個室をとってくれたので、自己紹介やら何やら思い切りパーティを楽しめた。

 16日のポンペイ遺跡見学がこれまたとことん歩き疲れた。足元が極度に悪い。右足に違和感を感じて靴のつま先を見たら見事に靴底がはがれてぱくぱく。とりあえず輪ゴムで押さえる(ホテルに帰ってから近藤さんがセロテープで応急修理をしてくれた)。世界遺産の古代遺跡はもうたくさんだ。

 夕食はサンタルチア港へ。ヨットがいっぱい。お城がある。いかにも観光客向きのレストランで夕食。ここもシーフードだ。たびせんはおれたちの年齢を考えてシーフード主体に夕食を用意してくれたらしい。夕暮れの港と下町の灯の風景がワインの風味をいや増している。気分よく酔えたディナーだった。
posted by マスコミ9条の会 at 17:59| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

朝ドラ「ひよっこ」が面白くなくなった

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月10日
朝ドラ「ひよっこ」が面白くなくなった

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 朝ドラの「ひよっこ」が面白くなくなった。いやドラマそのものは今でも結構面白いのだが、なんというか「社会性」がなくなった。で、おれにすれば「面白くねえ」となるわけ。このドラマ、舞台が茨城ということで親しみがあったが、農村の困窮と出稼ぎとか集団就職とかも描かれていた。それがよかった。

 主人公のひで子が高校を出て就職したのが、トランジスタラジオを組み立てる向島電機工場。100人以上の女性労働者が全寮制で働いている。この工場にはコーラス部があり、ロシア民謡や「手のひらのうた」などを合唱する。コーラス指導と指揮を務めるのは別工場で働く青年。彼は警官の姿を見て警戒するから、たぶん活動家だと思われる。向島電機に労働組合をつくるのかなとおれは期待した。

 工場は、トランジスタラジオの需要減と東京オリンピック後の不況のためにあっけなく倒産してしまう。企業倒産、全員解雇を言い渡すのは現場の職制で、会社幹部は一切姿を現さない。女性労働者たちは素直に解雇に応じ再就職先を探す。それを手伝う寮の女性舎監もとびきり善人に描かれている。

 工場設備の解体の寸前、入社1年の少女が食堂に立て籠もって「私は嫌だ。この工場を離れない」と抵抗する。解体工事をするのも労働者。責任者はドアを壊せと命じるが誰も手を出さない。結局1人で職場占拠した少女は舎監をはじめ同僚たちの説得に折れてカギを開ける。ドラマは無事?決着だ。

 当時向島電機のあった葛飾、隅田、江東は労働運動が活発な地区の一つだった。100人もの女性労働者が全員解雇されるのを地区労や全金が黙って放っとくわけがない。大体あのコーラス指導をしていた活動家らしい青年はどうしたのか。工場閉鎖あたりからとんと画面に見られなくなった。おれには気にかかる。

 善人同士のいたわり合いで進行する心温まるドラマというのも悪くはないが、それだけでは社会性に欠け、ワサビの効かない寿司みたいになってしまう。おれは「ひよっこ」をサビ抜き寿司にしてしまったのはNHKだと思う。あのコーラス指導の青年を登場させた時点では、工場閉鎖に反対する女性労働者たちのたたかいを描くつもりではなかったか。途中で変えられたとおれは考えている。

 おれがNHKテレビを見るのは朝ドラと朝夕のニュースくらいだが、NHKは金輪際「共謀罪」という言葉を使わないつもりらしい。朝ドラもニュースも「庶民の抵抗」を故意に否定あるいは無視している。これでは権力への「忖度メディア」と言われても仕方あるまい。
posted by マスコミ9条の会 at 16:59| Comment(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行・第6回パリわくわく旅行(2015年)A

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月07日
海外旅行・第6回パリわくわく旅行(2015年)A

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 9日は3台の車に分乗して世界遺産の棚田ジャティ・ルイへ。石坂さんは別行動というのでこちらは13人。幹線道路を外れると舗装状態が悪く、居眠りしていられない。さすが世界遺産、壮大な眺めだ。棚田へ入る遊歩科に1人2万ルピア。駐車科1台5000ルピア。なるほど棚田は観光資源なわけだ。

 田んぼのあぜ道を歩いて見晴らしのいいレストラン「ビリーテラス」で昼食。13人で201万ルピア。1人1400円。街中のレストランより高い。午後早目にビラビンタンに戻り、夕方からの日バリ交流パーティに備える。と言っても昼寝するわけでなく、好きな連中でビンタンビールだけどね。

 パーティを盛り上げるのはスウェッチさん率いる地元の楽団「SEKEHE TINGKLIK」だが、今夜は前座に10歳前後の子どもたちによる演奏。これが思ったより本格的。思わずガムランの世界に引き込まれた。豚の丸焼きの包丁入れは小池弁護士。アラックのカクテルはいくらでも喉を通る。

 パーティの後は車座になっての日バリ歌合戦。元気のいい子どもたち中心のバリ陣営が断然優勢だ。歌合戦が終わるとジャパンだけになって延々と反省会。このパーティ費用は料理、酒、楽団費用全部くるめて12万2520円。1人あたま8750円だからこの旅行では一番の贅沢といえる。

 ちなみにビラビンタンの宿泊料は、ツイン5000円(1人2500円)、シングル3500円(ツインの部屋に1人で泊まる)で、いずれも朝食付きだ。今回はツイン4部屋、シングル5部屋だった。空港までの送迎や観光の車代は全部合わせて10万5000円(1人当り7500円)。

 10日は午前中各自帰国準備して昼食はビンタンダイニング。ビール代こみで9万4500ルピア(1人600円)。2時にチェックアウトして海岸の崖の下にあるタナロット寺院を見学する。拝観料全員で35万ルピア、海岸の寺院敷地に入るのに1人3万ルピアとられる。やはり観光地だな。

 夕方はジンバランの浜辺レストランで夕日を愛でながらのシーフード料理。ワインを数本飲んだので勘定は618万4000ルピアとちょっと高かった。デンパサール空港で最後の支出、1人20万ルピアの出国税を払って成田行きのガルーダ航空に搭乗、帰国の途へ。なお1人8万5000円の団費は1万円ずつ返金し、日本における反省会経費に7000円使ってすべてチャラになりました。
posted by マスコミ9条の会 at 16:09| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでもござれの「共謀罪」277項目

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月04日
なんでもござれの「共謀罪」277項目

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 5月30日付『赤旗』に「共謀罪」対象犯罪の一覧表が載っている。277項目のうち「えっこんなものが」「やはりそうか」と特に印象に残る「犯罪」を拾ってみた。

 汽車転覆等=松川事件、三鷹事件を思い起こす。
 強制わいせつ=何故これがオリンピック開催の要件なのか。
 組織的な強制執行(威力業務)妨害等=ストライキのピケや倒産会社の職場占拠が犯罪になる。

 人身売買=犯罪に違いないが、何で共謀罪対象なのか。
 電子計算機使用詐欺=範囲が広すぎて何でも犯罪にできる。しかも未遂でも罪になる。
 偽証、強盗、強姦、収賄、障害、背任、横領、騒乱、児童淫行=なんでもござれだ。
 
暴行等による職業紹介等=こんなことを共謀してやる奴がいるのか。
 無資格競馬(競輪、競艇、オートレース)等=私設ノミ屋の取り締まりに新たな法律が必要なのか。
 自衛隊の所有する武器等の損傷=基地拡張反対の議論をしただけで犯罪になる。

 著作権の侵害等=これは大問題。これまでの著作権法では侵害された本人が申告しなければ犯罪にならなかったが、今度は警察が独自の判断で摘発できる。
 株主等の権利の行使に関する利益の受供与についての威嚇行為=争議団が株主総会に乗り込んで争議解決を迫る行為が(そのような争議方針を話し合っただけでも)犯罪になる。
 民事再生の詐欺再生、会社更生法の詐欺更生=労働組合や争議団の倒産反対闘争に縛りがかけられる。
 会社財産を危うくする行為=労働争議が弾圧の口実になる。

 こんな犯罪項目がずらりと277。テロ防止とか安全なオリンピック開催のためにとかはまったくの口実であることは明白だ。「往来危険行為」「建造物侵害等」の項目を使えば、国会前集会や銀座デモも禁止できる。日本は再び物の言えない、お上や企業に逆らうことのできない暗黒社会になってしまう。
posted by マスコミ9条の会 at 16:08| Comment(0) | 新聞報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行・第6回バリわくわく旅行(2015年)@

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年06月02日
海外旅行・第6回バリわくわく旅行(2015年)@

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 ビラビンタンが継続されるというので早速わくわく旅行を再開した。メンバーは河合団長以下、新聞OB会関係が石坂、斉藤哲、小林豊、米田、岩月夫妻、戸塚夫妻に初参加の長田ヨキさん、出版の上野、油田さんに、常連の高岡女史、新顔で小池振一郎弁護士が加わった。総勢14人。

 旅行の会計をやってくれた油田さんがつくってくれた収支明細書が残っている。おれの手帳と併せてバリの6日間を振り返ってみたい。お寺の拝観料や食事代など、パリの物価が分かって興味深い。

 収入はメンバー14人×8万5000円で計119万円。6日朝20万円両替したら2134万ルピアになった。両替後みんなで、光森さんたちが植樹活動をしているキンタマーニ高原へ。入村科44万ルピア。昼食代250万ルピア。1人当り約1700円。帰り道でドリアン3個買う。18万ルピア。

 ティルタ・ウンブル寺院拝観料21万ルピア。スーパーに寄って反省会用のワイン2本とつまみで30万ルピア。夕食はアヒル料理のべべ・ブンギル。さんざん飲んで食って316万7000ルピア。1人2000円ちょっとというところ。ビラビンタンに戻って反省会。蛍がいないと不満が出る。

 7日、メンバーのうち5人がネカ美術館。25万ルピア。この日の昼はマンデラ・ケイコさん経営のホテル「ロイヤル・ピタ・マハ」の豪華ランチ。709万6000ルピア。1人約5000円。夜は8人がレゴンダンスで1人10万ルピア、3人がケチャダンスで1人7万5000ルピア。おれは両方パス。
 
 翌8日は11人がサファリパーク。695万4000ルピア。おれはパスして女房と2人でウブド繁華街を散策する。王宮前の通りで後ろから「戸塚さん」と呼びかけられる。旧知の元豊島区労協の西村恭輔さん。退職後しばしば長期滞在しているそうだ。昼食は道が突き当たったところにあるマンガマドウ。

 スーパーでパリワインを6本買う。72万4000ルピア。1本約1100円。約束通り2時にビラビンタンスタッフのカデさんが迎えにきてくれた。夕食は新装なったビンタンダイニングで。235万8000ルピア。油田会計報告書によると、8日に9万円(947万7000ルピア)、9日に20万円(216万ルピア)の両替をしている。1円当たり105ルピアというところだ。 
posted by マスコミ9条の会 at 16:05| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ