2018年06月15日

歴史的会談の歴史的意味 ―メディアの報道姿勢を問う

2018年6月14日
歴史的会談の歴史的意味 ―メディアの報道姿勢を問う

梅田 正己(編集者)


 2018年6月12日、米朝首脳会談が行われた。
 翌13日の各紙はもちろん大きく紙面を割いてその「成果」を報じた。しかしその報道は、一定の評価をしながらも、そろって具体性に欠けるとして留保をつけていた。
 例えば、朝日3面の横の大見出しは「非核化 あいまい合意」
 読売3-2面の同じく横見出し、「非核化 課題多く 北の姿勢 見極め」
 日経3-2面の横見出し、「非核化 時間稼ぎ懸念 米朝敵対解消を演出」

 社説もそろってそのことを指摘していた。
 まず、朝日から。
「合意は画期的と言うには程遠い薄弱な内容だった」「署名された共同声明をみる限りでは、米国が会談を急ぐ必要があったのか大いに疑問が残る」
 さらには「その軽々しさには驚かされるとともに深い不安を覚える」「重要なのは明文化された行動計画である」
 その「明確な期限を切った工程表」が示されてないから「会談の成果と呼ぶに値」しないというのである。

 毎日の社説も同様の留保をつける。
「固い約束のようだが、懸念は大いに残る」「そもそも北朝鮮がCIVD(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)に同意したかどうかもはっきりしない」

 読売社説も、「評価と批判が相半ばする結果だと言えよう」としながらも、ホンネは批判の方に傾いているようだ。「懸念されるのは、トランプ氏が記者会見で米韓軍事演習の中止や在韓米軍の将来の削減に言及したことだ。和平に前のめりなあまり、譲歩が過ぎるのではないか」

 日経の社説も同様の論調だ。「真に新たな歴史を刻んだとみなすのはまだ早い」と言った上で、同じく米側の前のめりを批判する。
「米側はすでに(北朝鮮の)体制保証で譲歩を余儀なくされた。今秋の米中間選挙を控え、目先の成果を焦るトランプ政権の前のめりな姿勢を、北朝鮮が巧みに利用したといえなくもない」

 以上のように、全国紙各紙は今回の米朝首脳会談について、できるだけその成果を割り引いて評価したいと見ているようだ。テレビにおいても、登場するコメンテーターの殆んどは同様の見方をしているように私には思われた。

 では、両首脳が署名した共同声明を改めて見てみよう。「非核化」に関する部分を見ると、こう書かれている。
 ―「トランプ大統領はDPRK(朝鮮民主主義人民共和国)に対して安全の保証(security guarantees)を提供することを約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化(complete denuclearization)に向けた堅固で揺るぎない(firm and unwavering)決意を再確認した」
 ―「3 2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、DPRKは朝鮮半島の完全な非核化(complete denuclearization)に向けて取り組むことを約束する」

 各紙の社説も、テレビのコメンテーターたちも口をそろえて、CIVD(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)が具体的に述べられていないから非核化を信じるわけにはいかないという。
 つまり共同声明で2度にわたって明言されている「完全な非核化(complete denuclearization)」では不十分というわけだ。

 しかし、すべての識者が指摘するように、CIVDは厖大かつ複雑な手間と時間がかかる。現有する核爆弾やミサイルを廃棄するほか、関連の研究施設や製造工場などインフラの解体、さらには開発に従事した科学者や技術者の処遇など、山積する問題をすべて処理しなければならないからだ。
 それには、10年、20年の歳月を要するというのがおおかたの認識だ。
 したがって、朝日社説がいうような「明確な期限を切った工程表」を示せという要求そのものが、現時点ではどだいあり得るはずがないのである。
 両首脳は世界中が注視する中で、「完全な非核化」という言葉がくり返し記された共同声明に署名し、その実行を誓約した。
 その誓約にもとづいて、これからその「工程表」が両国の専門家集団によって作成され、実行されてゆくのである。

 今回の首脳会談にたどりつくまでには70年近い歴史過程がある。その基底に横たわる最大の事実(事態)は米国と北朝鮮がいまなお潜在的な戦争状態にあるということだ。そのことを端的に示しているのが、毎年実施される米軍と韓国軍の合同軍事演習だ。仮想敵国はもちろん北朝鮮である。
 テレビでよく見るその合同軍事演習の光景は、海岸での上陸作戦の演習である。想定されている海岸はどこの国の海岸か? 北朝鮮の日本海側の海岸であることはいうまでもない。

 さて、こうした潜在的戦争状態にそなえて、北朝鮮は100万人の軍を維持してきた。人口2500万の国で、将兵として働き盛りの青壮年100万人を非生産的な軍隊の中に閉じ込めておくのがいかに過重な負担、損失であるか、考えてみるまでもない(ちなみに日本の自衛隊は人口1億2500万人に対して25万人)。
 その上に長年にわたり国連の経済制裁を受けて、北朝鮮の経済的窮迫はいまやのっぴきならないところまで追いつめられている。人々の恐るべき飢餓線上の状況は、漏れ伝えられる報道でかいま見るとおりだ。

 北朝鮮がこうした軍事的・経済的苦境から脱するためには、戦争状態の継続に終止符を打ち、国の全力をあげて経済復興にとりくむほかに道はない。
 それには、米国・韓国と交渉して、現在の停戦協定を破棄し、新たに平和条約を結ぶしかない。そのため北朝鮮は一貫して米国に講和のための直接対話を呼びかけてきた。
 しかし米国はそれに応じず、北朝鮮との対話を拒否し続けてきた。なぜか。

 米国がその覇権主義的世界戦略を維持するためである。
 第二次大戦以降、超大国・米国は、「世界の警察官」として振る舞ってきた。そのシェリフの地位を保持するためには、世界の要所、要所に軍事基地を確保し、そこに自国の軍を配置しておかなくてはならない。
 そしてそのためには、常に軍事的緊張状態を保っておくことが必要だ。言いかえれば、常に仮想敵を設定しておく必要がある。
 かつて冷戦時代には、ソ連が仮想敵だった。しかし1991年にソ連は消滅した。中国とは1970年代から国交を開き、今では緊密な経済協力関係にある。なにしろ中国は米国政府の発行する国債の最大の保有国なのだ。米国のドルの価値は中国の手ににぎられているとも言える。

 では、冷戦後の北東アジアにおいて、軍事的緊張の震源として設定できるのはどこか?
 いまだに潜在的戦争状態にある北朝鮮をおいて他にはない。この「北朝鮮の脅威」があるからこそ、米国は韓国に3万、日本に5万の米軍を配置しておくことができるのである。それも日韓両国に「感謝」されながら。
 
 そういう国家戦略があって、米国は北朝鮮から停戦協定の廃棄とその平和条約への転換を求められながら、一貫してそれを拒否し続けてきた。
 北朝鮮側としても、そのことはわかっている。したがって、たんに要求するだけで直接対話が実現できるとは思っていない。米国を対話のテーブルに引き寄せるには、物理的な力を誇示してせきたてるしかない。

 そう考えて、北朝鮮は国民生活の窮迫を犠牲にしながら、また世界中から非難を浴び、制裁を受けながらも、核兵器とミサイルの開発に没頭してきたのである。核とミサイルの対象国は、だから、初めから米国以外に眼中になかった。
 
 その核と大陸間弾道ミサイルを、北朝鮮は今ようやく手にすることができた(と米国に思わせる段階に至った)。
 その結果、ついに米国大統領が―特異なキャラクターの持ち主に代わったということもあって―直接対話の場に登場してくれた。幸運にも、北朝鮮政治指導者の念願がついにかなったのである。

 では一方、トランプ大統領の方はどうか。
 だれもが指摘するとおり、この秋には中間選挙がひかえている、同大統領のコアな支持率は30%程度だという。そのむき出しの自国中心主義に対しては、良識層はこぞって批判的だ。イスラエルを除けば、国際的にも不評だ。
 しかし人一倍名誉欲の旺盛なトランプ氏は、せっかくつかんだ超大国の最高指導者の地位をそう簡単に手放すわけにはいかない。

 そこへ持ち上がったのが、北朝鮮との首脳会談だ。第二次大戦後の歴代大統領がだれ一人としてなし得なかった歴史的会談を実現し、うまくいけば6カ国協議では果たせなかった核問題を自分の手で解決できるかもしれない。ノーベル平和賞の声も聞こえてきた……。

 こうして、米朝両国の最高指導者の思惑と希望が合致し、今回のシンガポール会談が実現したのである。そしてそこで合意された最重要な議題が「完全な非核化」だった。
 その合意事項の実現は、双方の利益に一致する。当然、その目的に向けて、これから手段が講じられていくはずだ。歓迎こそすれ、冷や水を浴びせる理由はない。

 ジャーナリズムの第一の役割は、権力の監視である。その監視には、権力の悪行を暴き出し、批判することとともに、権力が行なった善行に対してはそれを評価し、称えることも含まれる。

 今回の米朝首脳会談の成果については、それが北東アジアの最大の歴史的懸案事項解決への第一歩であることを評価して励まし、両首脳が移り気になって逆戻りしないよう国際世論による歯止めを構築してゆくのがジャーナリズムの役目でなければならない、と私は考える。

 なお今回の首脳会談の成功から北東アジアの平和への道筋がつけられれば、日本にもただちに「平和の配当」がもたらされる。
 まず、いま政府がすすめている弾道ミサイルに対する地上配備の迎撃ミサイル、イージス・アショア(1基、1000億円)の山口県と秋田県への設置は取りやめられる。どちらも北朝鮮のミサイルを前提にしているからだ。

 また、いま沖縄の辺野古で、政府が沖縄の県民世論を無視して建設中の米海兵隊の飛行場と軍港を兼ね備えた一大軍事基地も必要がなくなる。沖縄に海兵隊を配備する理由として、政府と米軍は第二の朝鮮戦争への対処を挙げているからだ。しかしもはやその危機は去ろうとしている。

 もう一つ、3年前、安倍政権は集団的自衛権の容認を閣議決定、それにもとづく安保関連法(いわゆる戦争法)を強行成立させた。
 そのとき安倍首相が最大の根拠として挙げたのが「我が国を取り巻く安全保障環境の根本的な変容」だった。具体的には「北朝鮮の脅威」だ。
 しかし、今回の首脳会談を手はじめに、朝鮮半島をめぐる情勢が「危機」から「平和」へとそれこそ根本的に変わってゆけば、大半の憲法学者から憲法違反を指摘されている安保関連法は無用となるはずだ。

 ちょっと考えただけでも、米朝の敵対から和平への転換は、日本にも多大な「平和の配当」をもたらす。
 にもかかわらず、この国の多くのメディアが、今回の米朝首脳会談の「成果」を割り引き、こき下ろすのに精を出しているように見える。

 みなさんは、安倍政権と同様、やはり「北朝鮮の脅威」が持続してほしいのだろうか。
posted by マスコミ9条の会 at 18:16| Comment(0) | 新聞報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

爆風(95)

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月14日

爆風(95)

 引揚げ港の葫蘆島は渤海湾に面し、満州と北京を結ぶ交通の要所だ。葫蘆島というが島ではない。瓢箪の形をした小さな半島だ。葫蘆とは瓢箪の意味らしい。日本へ船出するためには遼東半島の先端の大連の方が適していたが、大連は当時ソ連軍の管轄下にあり使わせてもらえなかった。
 
 戸塚家が所属した桜ヶ丘第三大隊は6月28日に東京陵を出発、29日午後3時に錦県駅に着いた。錦県駅は錦西駅のかなり手前の駅で、2万人を収容できる大規模な収容施設がある。施設とはいうが、実際は既に引き上げた日本人の家屋を当てたもので、1軒に何家族か詰め込まれ寝る場所がなく外で寝る人もいた。

 この収容所で7月5日までの1週間滞在した。その間の食事は各自の負担だ。食料は現地の中国人から買うしかない。その値段が日々高騰していた。引揚者は乗船までの費用として1人500円の携行を許されていたが、収容期間がどのくらいになるのか不明ということもあってみんな苦心した。

 7月5日午前4時、第三大隊はいよいよ葫蘆島へ向けて出発することになる。錦県駅から無蓋貨車に乗り、葫蘆島最寄りの茨山駅へ。午後3時に着いてまた収容所だ。この茨山は葫蘆島を見下ろす小高い丘だったらしい。ここに後年、引揚事業を記念する石碑が建てられた。

 茨山収容所には7日まで2日間いた。この間も食事は各自負担である。7日朝収容所を出発して2キロ歩く。港が見えた。日本の船も停泊している。我々が乗るのはアメリカの上陸用舟艇LST−606だ。乗船前、港の広場で最後の携行荷物検査が行われた。検査の終わった順に桟橋に向かう。大きなリュックを背負った行列が続く。戸塚家も父と姉がリュック、母は乳飲み子を背負い、私は亡き妹の遺骨を抱き、5歳の妹は遅れまいと懸命に歩く。乗船するとデッキに立ち止まる暇もなく船底の船室へ詰め込まれた。

 第二工場事務員瀬下信の手記「乗ったのはアメリカのLSTとて戦車を吐き出す軍艦だった。タンクの代わりに我々が筵を敷き詰めたところへ寝ることになった。夏だったからよかった。船はグルっと廻って遼東半島沖を航行中、気のせいか砲声を聞いた様な気がした。赤い夕景の中をイルカが付かず離れず何百何千と空中に舞った。夜は上甲板に集まって船員たちの心尽くしか演芸大会を夜毎楽しんだ。LSTとは便利な船で、夜間海の真っただ中で停まり前方の観音扉を開けると潮風が通り抜けて昼の暑さを忘れる快適な乗り心地だった」。

 船出した日の夕食に麦入りのご飯が出た。涙が出るほどおいしかった記憶がある。おかずが何だったかは忘れた。
posted by マスコミ9条の会 at 20:39| Comment(0) | 新聞報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東労組の組合員大量脱退に思う

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月13日

JR東労組の組合員大量脱退に思う

 バリ島から帰国して3日目、溜まった新聞を読むのに骨折った。と言っても連載小説と川柳と赤旗の訃報欄のほかは見出しに目を通す程度だけどね。この間、米朝会談が取り止めになったり復活したりと目まぐるしく、今朝の新聞などは(『赤旗』も)特大の活字で白抜きの大見出しだ。

 そもそも金正恩の親父の金正日の時代から北朝鮮はアメリカとの差しの会談を要求していた。核開発もミサイルもそのための圧力手段だった。トランプがその圧力に負けて会談に応じただけではないか。北朝鮮にしてみればアメリカを引きずり出せれば中身なんかはどうでもいいというわけだ。

 3週間の記事の中では6月7日付の『毎日』夕刊の社会面に注目した。「JR東労組3.2万人脱退」「2月以降 スト予告に反発」。JR東日本の全社員5万6000人のうち4万6870人を組織していたJR東労組が2月から5月の間に激減し、1万5140人になってしまったというのだ。

 『毎日』によれば激減の原因は、2月6日に発したスト権行使の予告に対する組合員の反発だという。「ストライキをやれば電車が止まることもありうる。世の中の流れに合わない主張で、お客様に迷惑をかけるのはおかしい。組合にはついていけないと思った」という脱退者の話を取り上げている。

 JR東労組の源流は国鉄時代の動力車労働組合(動労)である。かつて動労は「順法闘争」と称して過激な行動を繰り返していたが、87年の国鉄民営化に対して突如反対から受け入れに変身、当局と妥協して生き残りを図った。国民の足を守る立場から民営分割に反対を堅持した国労や全動労はJRへの採用拒否や採用された人も運行現場から排除されるなどして組織的に大打撃を受けた。

 動労の変身を指導したのが松崎明である。彼は松戸電車区で組合活動を始めたが、60年安保の時期、極左の黒田寛一(クロカン)と接し反共・暴力集団の急先鋒となる。過激派「革マル」を率いて「中核派」と暴力的に対決する。国鉄内では動労が革マル、中核派は千葉動労に拠点を置いた。

 国鉄民営に賛成して当局に付け入った動労は、労使協調労組鉄労と手を結んでJR総連をつくり、その中の最大労組JR東労組を牛耳る。しかし松崎が死んだ後は当局との関係がぎくしゃくし、ついに当局に見放される。それを察した組合員が大挙逃げ出した、というのが今回の組合員激減の真相なのではないか。
posted by マスコミ9条の会 at 20:37| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3週間お世話になったバリよサヨナラ

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月08日

3週間お世話になったバリよサヨナラ

 バリでの3週間が過ぎた。明日は深夜便で帰国だ。去年も7月に23日間滞在したが、前の10日間は新聞OBの仲間と、後ろの1週間は娘夫妻と孫たちと一緒。今回は3週間丸々1人だった。もちろんこのコテージのオーナー光森さん夫妻、マネージャーのボンさんがいるので全くの1人ではないが。

 もう一つの去年との違いは去年あんなに苦しんだ腰痛が治ったことだ。去年は約2キロの王宮まで歩くなんて考えられなかったが、今年は時間はかかったがちゃんと歩けた。バリの良さはやはり車の移動だけでは分からない。歩いて目で確かめなくちゃ。自転車もいいなと思ってボンさんに頼んだのだが「危ないからダメ」と一蹴されてしまった。ときどき自転車で道を走っている西洋人を見ると残念の感がある。

 バリの伝統芸能の筆頭は何といってもガムランとレゴンダンスである。今回は光森さんのおかげで世界に通用する最新の演奏と演技を堪能できた。5月25日、モダンな円形劇場で行われた若手ガムラン演奏家の新曲お披露目コンサート。ピアノとのコラボで、おれにはジャズ風のリズムに聞こえた。これからこの曲を引っ提げてヨーロッパの公演に出かけるそうだ。聴衆には高校生が目立っていた。

 6月2日にネカ美術館ホールで開かれた日本・インドネシア国交樹立60年記念行事も文化度が高かった。こちらはレゴンダンスだ。踊りての多くがデンパサールにある国立芸術大学の卒業生。大きく開かれた眼の中で踊る眼球、魔法使いのような指の繊細な動き。芸術音痴のおれもこれには酔いしれたね。

 バリの食い物の主力はナシゴレンとミンゴレン。ナシはご飯でミンは麺だ。要するにチャーハンと焼きそば。その周りに鶏肉や野菜が乗っている。そのほかではサテといって竹串に肉や魚のミンチを塗って炭火で焼いたもの、辛い魚のスープや玉ねぎ主体の天ぷらもある。ビールはビンタンビール。

 ネカ美術館のはす向かいにヌリーズワルンという店先で肉を焼いている老舗の食堂がある。ここのスペアリブが有名。ウブド食い歩き地図にも載っている。おれも食ったが、甘いタレが肉にしみ込んでいて美味。骨をしゃぶるともう一度旨さが口に広がる。これで12万ルピア。他に比べて高めの値段だ。

 ビラビンタンに着いた翌日からインターネットがつながったので、メールやフェイスブック、プロ野球速報などでパソコン相手の毎日。それでも人と直接会わないわけだからのんびりはできた。のんびりしすぎてのんびり疲れになったほどだ。明日はバリともさよなら。今度何時来れるかな。
posted by マスコミ9条の会 at 20:35| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

爆風(94)

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月06日

爆風(94)

 隊長山口克己少佐率いる第四大隊総勢1054人は6月27日午前8時、集合地点の太子河駅に向けて出発した。太子河駅は旧満鉄大連ー新京線の遼陽駅から旧火工廠に資材を運ぶため敷設された引き込み線の仮設駅である。引揚げ者たちは長年住んだ東京陵の官舎街に別れを告げ、思い思いに歩を進めた。

 第一中隊長の印東和は特大のリュックサックに荷物を詰め込んで妻子とともに歩いていたが、途中で4歳の長女が「もう歩けない」とベソをかいて道端に座ってしまった。夫婦ともに特大のリュックを背負っているので子どもをおんぶできない。かといって荷物を捨てるわけにもいかず途方に暮れた。

 後からどんどん追いこされる。中隊長としてはこれ以上遅れるわけにはいかない。そこへ声をかけてくれたのが顔見知りの南満工専動員学生の岩佐君で、「私のリュックは小さいので印東さんのを背負いましょう」と言って軽々と背負ってくれた。地獄に仏とはこのこと。印東は涙が出るほど嬉しかった。

 全員が太子河駅に到着し照り付ける炎天下で列車の来るのを待ったが、夕方になっても姿を現さない。隊の渉外係が八方手を尽くして連絡の結果、列車到着は明朝になることが判明した。初夏の満州は日が沈むとぐんと気温が下がる。東京陵へ引き返すこともできず、近くの村落で野営することになった。

 (筆者は本ブログで戸塚家の所属した第三大隊の出発も1日延び、その原因は27日が朝から大雨だったと記した。それは第三大隊の幹部だった田中弥一氏の記録によるものである。ところが第四大隊の印東氏は予定された列車が来なかったためという。第三大隊と第四大隊は同時に桜ヶ丘を出発したことがはっきりしている。そうすると出発が1日延びたのは雨のためか、列車遅延のためか、という疑問が残る。

 そこで当時9歳だった筆者の記憶がどうなのか、じっと思い返してみた。私の記憶では、戸塚家の6人は朝日町の人たちとともに鉄道線路を目指した。それは駅というより線路の際で、炎天下にじっと列車を待っていた。雨が降っていた記憶はない。列車は来ない。もう東京陵へは戻れない。夜を徹して線路の際に座り込んでいた。第四大隊のように近くの村落の軒下を借りたような記憶はない)。

印東和の手記。《近くの村落で野営することになったが、我々のような軍隊経験者ならともかく老幼婦女子には苦痛の夜だったろう。真っ暗闇の中を満人村落を訪れ、家屋の土間ならいい方で、大部分は軒下で夜を明かした。翌朝無蓋貨車で遼陽へ行き、駅前広場で荷物検査。午前中いっぱいかかる。遼陽からの列車も石炭運搬用の無蓋貨車。出発したのが28日午後1時。その夜は奉天の貨物駅で貨車に乗ったまま眠る。翌朝奉天を発った列車はその後ものろのろで、葫蘆島のある錦西駅に着いたのは30日の午後だった》。
posted by マスコミ9条の会 at 20:59| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「働き方改革」は亡国の法案だ

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月04日

「働き方改革」は亡国の法案だ

「働き方改革法案」が衆議院を通過した。政府与党は何が何でも今国会でで成立させるつもりらしい。彼らがそれだけ熱を入れるのには訳がある。法案成立は財界筋(日米独占資本)の強い意向であり、それに応えることが国民の信頼を失いつつある政府自民党の唯一の生き残る道だからである。

 この法案、中でも高度プロフェッショナル制度に対して野党は「過労死促進法」だとして強く反対している。もちろんその捉え方は間違ってはいない。「過労死被害家族会」の訴えは説得力がある。しかし、高プロ制度を過労死との関連だけで糾弾するのでは少し狭すぎるのでないか、とおれは思う。

 高プロ制度は戦後70年続いた日本の労働基準法体系を根本からひっくり返そうとするものだ、というのがおれの見方だ。現行の労基法には労働時間、休憩時間、休日、有給休暇、時間外労働、時間外・深夜労働割増賃金などの規制・規定が明示されている。その規制が十分かどうかは別だが・・・。

 今度政府・財界が導入しようとしている高プロ制度はそれらの規制をきれいさっぱり取り払ってしまう。労働時間という概念が消えてしまうのだ。確かに今まででもタクシーの運転手や一部セールスマンにはなんぼ金を稼いだからいくらという歩合制賃金のところがあった。しかしそれらの歩合制労働者も1日8時間、週40時間の規制は適用される。もちろん最低賃金制も適用なので無制限な長時間・低賃金労働は禁止された。

 何故資本主義社会なのに労働者の労働条件保護が法律で決められねばならないのか。それは資本主義を維持するためである。資本主義といっても働くものがいなければ社会は成り立たない。労働力の再生産が必要なのだ。いわば「持続可能な労働力」かあって初めて資本主義が存在できるだ。

 労働時間の規制は労働者の要求であると同時に資本主義の成立要件でもある。何故なら労働者が生理的条件を超えて働くようになったら、労働力の補充は途切れ、生産はストップせざるを得なくなる。日本の財界筋・独占資本はそこのところが分かっていない(分かっている人もいるのかも知れないが)。

 目先の利益にしか頭が働かない。アベノミスクとかいっても景気は一向によくならない。生産が落ち込んでも利益は確保したい。それには1人の労働者からより搾り取るしかない。そのためには8時間労働なんかに構ってはいられない。3人に8時間ずつ働かせるより2人に12時間ずつ働かせるほうがずっと安くつく。それが本音だ。「働き方改革」は亡国の法案だとおれは思う。
posted by マスコミ9条の会 at 20:57| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆風(93)

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月03日

爆風(93)

 火工廠のあった桜ヶ丘から錦西駅までの列車の旅はどんなものであったのか。6月26日に出発した第二大隊の隊長だった松岡道夫と28日出発の印東和の手記に基づいて辿ってみよう。

 26日は朝から晴れた穏やかな日だった。東京陵の官舎から引き込み線の太子河無人駅まで2キロ余の道を、一ヶ大隊1000人で歩いた。老人や病人を乗せた素人づくりの手押し車はすぐ車輪が外れる。手早く修理して皆に遅れまいと先を急ぐ。妊婦が顔から汗を流して歯を食いしばりながら歩いている。途中で妊婦を担架に乗せる応急措置をした。それでも遅れる人が続出して隊列は延々と伸びた。

 やっと太子河無人駅に着き、10輌の無蓋貨車に分乗する。後部に繋がれた3輌には引揚船乗船までの食料と燃料を積む。見送りの加藤治久大尉ら留用組の人たちと手を振って別れ、13輌の列車はゴトンと動き出した。間もなく遼陽駅到着。野木遼陽居留民会会長をはじめ多くの人々が迎えてくれた。

 遼陽からは旧満鉄を奉天に向かう。既に満鉄は国民政府に接収されており、この引揚げ列車も運転手、乗務員は皆中国人である。列車運行の命運はすべてこれら中国人に握られている。運行の便宜を図ってもらうため、乗務員に一定のチップを渡す。そうしないと予期せぬ小駅に停車し、警備員に服装検査と称して金品を巻き上げられると聞いてきたからだ。お蔭で途中停車もなく奉天駅に着いた。

 列車は奉天で大連ー新京線と別れ、錦州方面から北京まで行く路線に入る。ここで困ったことが起きた。奉天駅に列車が止まると国府軍の停車場司令官が松岡隊長を呼びつけた。プラットホームに降りると「この列車は規定以上の車両をつないでいるので後部の2輌を切り外す。発車は30分後だ」と言う。彼はそのまま返事も聞かずにどこかへ行ってしまった。後部2輌には食料、燃料の3分の2が積んである。移し替える時間はない。

 乗船まで何があるか分からない。後ろ2輌の切り離しは部隊にとって致命傷になる。部隊幹部が緊急招集された。相談の結果、賄賂を使うしか方法がないという結論になった。当時の金で1万円、それをだれが司令官に渡すのか。結局松岡隊長の役目となり、機会をうかがったがなかなか難しい。彼が1人でいるところでなければならない。そのうち全員列車を下りて駅前広場に整列せよとの命令が出た。

 司令官が広場の隅に1人で立っている。他の兵士は引揚げ者を整列させるために忙しい。松岡は司令官の傍に寄り、そっとお金を渡す。司令官はお金を確かめてからその場を去った。間もなく全員乗車の命令。列車はすぐ錦州へ向けて動き出した。松岡はほっとして水筒の高粱酒を側近にも注ぎ、苦笑いしながら乾杯した。列車は夜を徹して走る。無蓋貨車は風が強く当たり、病弱者や子どもたちは震え上がった。乗船港葫蘆島に近い錦西駅に着いたのは28日午後3時を過ぎていた。
posted by マスコミ9条の会 at 20:47| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆風(92)

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年06月02日

爆風(92)

12、錦州錦西葫蘆島収容所に滞在中は医療班長は主力を防疫患者発見及其処理手続、死者処理手続、清掃指導、保健生活指導に置き診療は簡易なる処理投薬をなし複雑なる治療は其他に於ける日僑総処事務所所属医療機関に委託若しくは協力を求めること。

13、船内に於いては医療班は唯一の衛生機関なるにより全力を挙げて患者発見並に其処置保健生活指導に任ずる。


14、遼陽総站錦州、錦西葫蘆島に於ける保健機関は次の如くなるに付き之と緊密なる連絡を保つこと。
遼陽総站=防疫診療所 錦州=辨事処衛生班医療隊 錦西=同左 葫蘆島=辨事処衛生科医療隊防疫隊

15、救急箱は中国の寛大な(1字不明)ひにより認許されたものにして時価約6,000円の薬物を納めあるに付き其管理保存投薬方法には慎重且つ厳格を期すべく若し内地港到着後残余品あらば船中に留め置くこと。

 この事務室通達を見ると、伝染病患者及び「普通旅行に耐えざる者」はそもそも引揚者から除外され、また途中で病気や怪我をしたら置いていかれることになる。何としても健康でなければならない。集団の足手まといになってもいけない。年寄りや幼児といえども自力でがんばるしかない。

 引揚げ時の戸塚家の構成は戸塚陽太郎(40)、せん(37)、和子(13)、章介(9)、栄子(5)、順子(生後2か月)の6人。父と姉はリュックサック、母は赤ん坊を背負い、私は2月に死んだ妹悦子の遺骨の箱を白い布に包んで首から下げた。栄子は隊の移動に遅れないよう自分の身を処するのに精一杯だ。

 桜ヶ丘部隊の出発は46年6月26日に第一大隊と第二大隊、翌27日に第三大隊と第四大隊の予定だった。6月26日は穏やかな晴天で予定通りに出発したが、27日は朝から大雨、出発は28日に延期された。戸塚家が所属していた第三大隊は出発の準備を整えてじっと天気恢復を待った。

 28日は快晴。まず満鉄遼陽駅からの引き込み線の太子河無人駅まで約2キロの道のりを歩く。迎えの無蓋貨車に乗り込んで、夜を徹して走る。途中停車してしまい、このままこの地で野宿かと心細い思いをしながら、それでも29日午後3時には引揚げ港のある錦州錦西駅に着いた。
posted by マスコミ9条の会 at 20:45| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

爆風(91)

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年05月31日

爆風(91)

 部隊の中で医療班の果たす役割は他に増して大きい。引揚者は女子どもが過半数であり、病人、妊婦もいる。過酷な移動条件を克服して日本まで送り届けなければならない。遼陽市日僑善後連絡所は46年6月9日付で次のような「遣送事務室通達」を出した。

1、大隊医療班は医師1、医学生2、看護婦1、を以て構成する。過剰の要員を附せざること。但し患者遣送を開始せば班員を増員することも之は別途指示す。


2、医療班長は成るべく早く分処主任並びに大隊長と緊密なる連絡を取ること。

3、分処主任若しくは大隊長は大隊出隊2乃至3日前に医療班長をして隊員の健康診断を施工せしめ普通旅行に耐えざる患者特に伝染病患者を除外すること。従って出発駅に於いて伝染病患者若しくは旅行に耐えざる患者を発見されたる場合は分処主任、大隊長医療班長の責任とす。

4、分処主任は少なくとも出発3日前に大隊救急薬格納用函を総処衛生科に持参し薬品並びに格納薬品一覧表の配布を受け厳重に保管すること。上記配布薬品は己に四拾以上の検査経験ある品目にして不合格の憂なきものに付き此の活用を維持する為医療班長の私見により薬品の加除は行わざること。従って検査の際不合格を出したる時は医療班長の責任とす。

5、医療班長は出発前衛生科医療股に出頭赤十字旗並びに班員の赤十字腕章を受け取ること。其の他の手続きは一切分処主任並びに大隊長に於いてなすこと。


6、医療班長は自己の出発により診療所閉鎖となる場合は接収品目録作製の上少なくとも3日前に統一接収委員会衛生組に届出て且つ鍵の授受等につき打ち合わせること。

7、医療班長は出発の際聴診器1、検温器1、メス1、ピンセット1、剪1を携行すること。


8、医療班長は大隊編成決定後は大隊隊員の保健事故を防止するため特に健康診断をなし生活指導により伝染病患者発生防止に努力すること。

9、予防注射は種痘、発疹チフス、腸チフス、コレラの四種にして総処及び分処に於いて施工するも医療班長は大隊隊員の予防注射の結果を確認し予防注射未了者の皆無を期すこと。


10、瀋陽総站収容所収容中の診療は収容所医療班に於いて施工するも大隊付き医療班は之と緊密なる連絡をとり且つ可能なる範囲の協力をなすこと又、収容所収容中の清潔整頓に関し指導をなすこと。

11、列車内に於ける保健事故の処理は困難なるが故に其の方法に付き医療班長は大隊長と事前に打ち合わせを了し其の要領を中隊小隊長に周知せしめること。
posted by マスコミ9条の会 at 20:44| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ島のお盆・ガルンガン

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載


労働運動は社会の米・野菜・肉だ。

2018年05月30日

バリ島のお盆・ガルンガン

 バリ島は住民の9割がヒンズー教だ。ヒンズー教はワク歴という210日で1年の暦を使う。ガルンガンは1年の区切りを祝う日でいわば正月みたいなもの。1年といっても西暦と比べると短いので西暦の1年の間に2度ある年もでてくる。今年は今日5月30日に当たったというわけだ。

 ガルンガンはは故事で世の中の善が悪に勝利した日ということになっている。勝利を祝って先祖の霊が各家庭に帰ってくる。各家々ではご馳走を作ってご先祖を迎える。帰ってきた先祖は10日後にまたあの世に旅発つ。その日をクニンガンという。奇しくもおれがバリを発つ日だ。

 今朝、朝食の後にボクちゃんがおれにお祀りの正装を着せてくれた。短パンの上からスカーフを巻き、真ん中に派手な布を垂らしてギュッと縛る。スカートをはいたようだ。上は日本から来るとき着てきた長袖のワイシャツ。頭はターバンのようなものを被って帽子替わり。鏡に映したらサマになっていた。

 9時半にストウさんがやってきて、光森夫妻とおれを車で村はずれのお寺に連れて行ってくれた。お寺の境内はお祈りをする善男善女で一杯。日陰を選んで腰を下ろす。坊さんが鈴を振りながらお経を始める。合図があって参列者も手を合わせる。その時花びらを指に挟む。それを何回か繰り返した後何人かのお坊さんやお寺関係者が手分けして聖水をかけて歩く。手に聖水を受けて飲む真似をし、それで終わり。

 2つのお寺をはしごして同じセレモニー。強い日差しにもう勘弁してくれ、という気になる。小便もしたくなる。11時半前にストウさんの家へ。入口は狭いが奥行きが深い。親族が6世帯で住んでるそうだ。ここで奥さんの手料理をご馳走になった。辛い鶏のスープをご飯にかけて食う。美味だ。

 食い残したサテ(やきとり)や豚肉、果物、お菓子をお土産にもらって12時過ぎにストウさん宅を去る。そういえば7年前の2011年7月にもガルンガンに当たりお寺参りとストウさん宅での会食をしたな。あの時は孫の凌が3歳で、お寺の雰囲気でトランス状態になり火が付いたように泣き出したっけ。

 ちなみにストウさんは2年前までこの村の村長さんをしていた。今日お詣りしたお寺の改装に骨を折った。いわば村の顔役である。おれとは16年の付き合いだ。竹にきれいな飾りを施したペンジョールの林立するスウェタ通りをビラビンタンに向かったのでした。
posted by マスコミ9条の会 at 20:42| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ