2017年03月02日

露骨!自衛隊駐屯地の見学ツアー

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月02日
露骨!自衛隊駐屯地の見学ツアー

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 本2日付『毎日』の8面を開いて驚いた。驚いた後で背筋が寒くなった。阪急交通社の全面広告。「富士山ぐるっと一周ハイキング」「四国八十八ケ所お遍路の旅」「江戸城歴史ウォーキング」などと並んで「陸上自衛隊駒門(こまかど)駐屯地訪問ツアー」があった。露骨な自衛隊応援ツアーの広告だ。

 まず宣伝文句を見てみよう。「年に一度の!大迫力」「陸上自衛隊 創立記念行事」「戦車やヘリコプターが動く」「空砲射撃や各部隊が展開する迫力の模擬戦」「駒門駐屯地 普段は入ることができない自衛隊駐屯地へ!」「持ち運びに便利なおにぎり弁当付」「阪急交通社特製ミリタリーバッジ付」。

 惹句はまだまだ続く。「行事内容(2016年参考)◆模擬戦・アトラクション◆装備品展示◆記念式典◆模擬販売店」「1日のみの出発催行確定!出発日2017年4/2(日)6,990円」「旅程 各地発=高速道路=陸上自衛隊駒門駐屯地へご案内=御殿場(休憩、買い物)=高速道路=各地着」

 新宿出発コースには他にない特典が付く。「プレミアムコース 新宿出発のみ自衛隊OBがガイドする。OBだから語れる体験談 オフレコトークなど バス移動中も自衛隊に関する教養が身につく!」「元自衛隊員だからこそわかる記念行事の楽しみ方伝授!」。このコースのみ8,990円だ。

 「2016年参考」というから、どうやらこのツアーは毎年やっているようだ。そう言えば米軍横田基地の一部を住民に開放する日に合わせるツアーがあると聞いたことがある。基地内で分厚いアメリカンステーキを食わせるとかで人気があるようだ。「愛される米軍、自衛隊」の演出というわけだ。それにしてもバスの中で自衛隊OBの話を聞くことで「自衛隊に関する教養が身に付く」とは恐れ入ったな。

 「空砲射撃や各部隊が展開する迫力の模擬戦」というのだから、明らかに戦闘行為を想定した昔日の「陸軍大演習」ではないか。それを国民に見せて愛国心を鼓舞する。そのためのツアーを旅行社とタイアップして実施する。それを新聞社が全面広告として掲載する。国民は洗脳されつつあるのだ。

 教育勅語を暗記させる幼稚園があるというのにも驚いたが、日本会議とかいう妖怪が跋扈する今日、日本はまたあの軍国主義国家に逆戻りするんじゃないか。そんな心配が襲ってきた。「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」という日本国憲法はどこへ飛んで行ってしまったのか。

posted by マスコミ9条の会 at 18:11| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11517 なるほど「アッキード事件」

水久保文明さんのブログ「ヘボやんの独り言」より転載
http://96k.blog98.fc2.com/
17年03月02日
11517 なるほど「アッキード事件」

■水久保文明(JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記)


 日刊スポーツが小気味いい報道をしている。「2017年3月1日9時28分 紙面から」としてウェブに掲載された。「政界地獄耳」というコラムだが、実に的を射ている。ガンバレ、スポーツ紙。

                           ◇=◇=◇
だまされるな!!言葉の言い換えだけだ

 ★ネットの世界では既に国有地払い下げ問題や、首相・安倍晋三夫人・安倍昭恵が名誉校長を務めていたことを“アッキード事件”と称して盛り上がりを見せている。いずれにせよ、首相夫妻が異様な私学の教育方針に賛同し、広告塔を務めた事実から見てこの内閣の政治レベルの低下によって、もたらされたものと言える。公約違反を「新しい判断」と言い換え、オスプレイの墜落を「不時着」と言い張ったのもこの内閣。積極的平和主義や最近興奮すると多用する「レッテル張り」に至っては元の意味すらよく分からない言葉になった。

 ★思えば集団的自衛権の解釈変更という強引なごまかしがこの内閣の言い換えの歴史と言えよう。ばくちを認める法律をリゾート開発を主とする「IR法」と言い換え、共謀罪を「テロ等準備罪」にそれぞれ言い換え、南スーダンの状況では戦闘を「衝突」と言い換えて事態を和らげようとする。本質を隠し穏やかに見せようとしてきたごまかし政治の延長にある。

 ★地方議会では白紙領収書を使い政治活動費の水増しや横領で議員が数多く辞職に追い込まれても総務相・高市早苗は「問題ない」と答弁するなど、政治には特権があっても国民生活では決して認められず、役所は一切受け付けない事案を、政治の世界では政治家や高級官僚が関与すれば何でもまかり通る。今、この国の国会ではそんな異常性を見せつけている。

 ★ごまかし政治の最たるものは役所が作るメモに始まり、文書の管理義務があるものまで紛失、破棄と子供の言い訳のように「なくしたから」と言って切り抜けようとする公務員の姑息(こそく)だ。管理責任が問われたという話も聞かないし、後日、ひょっこり見つかるというのだから「隠蔽(いんぺい)」が正しい表現ではないのか。ここにも国民を欺くごまかしがある。政治家と公務員に、これほどまで欺かれても気にならない国民も我慢強い。(K)※敬称略
                           ◇=◇=◇

 国民も我慢強い――実に厳しい嫌味である。

 この間ずっと、国民は安倍内閣の言葉の言い換えに騙されてきた。昨日の共産党・小池晃議員の追及にも「妻に対して犯罪者扱い」などと、見当違いの答弁をしている。反論されると「そういう印象を受ける」と逃げた。一事が万事、そういう人なのだ。こんな人、首相の座から引きずり下ろす必要がある。

★脈絡のないきょうの一行
金正男暗殺事件、マレーシア警察は頑張ってるね。花マル。
posted by マスコミ9条の会 at 18:09| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ