2015年05月30日

派遣会社の走狗と堕した厚労省

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2015年5月30日
派遣会社の走狗と堕した厚労省

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 「『正社員』名目の募集禁止、無期雇用の派遣労働者」「塩崎恭久厚生労働相は29日の衆院厚労委員会で、人材派遣会社が働く期間を定めずに無期限雇用する派遣労働者を『正社員』として採用することを、禁止する方向で検討すると表明した。民主党の山井和則氏が、実態は労働者派遣なのに正社員として募集する例があり、誤解を招くと指摘したことへの答弁」(ネットの5月30日付「共同ニュース」)。

 なんでそのような募集が行われるのか。共同ニュースによれば「審議中の労働者派遣法改正案は、同じ職場で1人の派遣労働者が働くことができる期間を最長3年と規定。ただ派遣会社と無期雇用契約を結んだ人は、例外的に同じ職場で何年でも働くことができるとした」からだそうだ。

 その方が労働者の雇用は安定するではないかという趣旨だろうが、得をするのは低賃金労働者を正社員の代わりに使い続けられる派遣先企業と、無期限にピンハネできる派遣会社ではないか。そんな雇用システムは認めるべきでない。単に募集の文言を変えればいいという問題ではない。

 この塩崎大臣の答弁で明らかなように、厚労省は派遣会社とつるんでいる。派遣会社の走狗となり果てている。例の「不適切資料配布問題」もその最たるもの。厚労省か野党議員に配布した「改正派遣法が成立しなければ、10月以降大量の派遣労働者が失業する」と脅した文書だ。

 29日の閣議後の記者会見で塩崎厚労相は「国会審議中の労働者派遣法改正案をめぐり、議員への説明用に作成した資料に不適切な表現があったことを認め」「『派遣で働いている方々、その他不快な思いをされた方々におわびしたい』と謝罪した」(YAHOOニュース)というが本心からとは思えない。

 虚偽の募集や、派遣法改正がダメなら首を切るぞという脅しは実際にやられている。それを止めさせるのが厚労省のはす。ところが放置しているだけなく逆に「だから法律を変えるのだ」と居直る。29日の衆院厚労委員会で日本共産党の高橋千鶴子議員は「実態にあわせて違法を合法にしてはならない」と指摘した。その通り!

 前の本ブログでも書いたが、この国の厚労省は労働者の福利厚生でなく派遣会社の利益のためにあるのではないか。今回は「日本の厚労省は派遣会社の走狗だ」と付け加えたい。

posted by マスコミ9条の会 at 17:45| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

マスコミ9条の会ブログ