2017年04月18日

海外旅行・ギリシャ、エーゲ海(2008年)B

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年04月03日
海外旅行・ギリシャ、エーゲ海(2008年)B

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 9月19日朝7時半、クルーズ船オーシャン・カウンティス号は、5日前に出航したピレウス港に戻ってきた。もうチェックアウト手続きは済んでいる。朝食を済ませると早々に下船だ。

 下船に当たってテープに「これで4泊5日の『魅惑のエーゲ海クルーズ』も終わりです。かなり贅沢な5日間でしたが、なんとなくお仕着せの贅沢という感じで、手づくりのものが感じられなかったように思います。ま、金で買える贅沢というのこんなところだろうね」と感想を吹き込んだ。

 バスが待っていて、コリント運河や遺跡のあるミケーネへ向かう。確かに広大な遺跡だ。中央の礼拝堂跡みたいのところで、白い衣装の巡礼団のような人たちが厳かな歌声で祈りをささげていた。遺跡の中を強制的に歩かされてほとほと疲れた。昼食はアテネ市内に戻って魚料理で白ワインを飲む。

 昼食後、5日前に泊まったスタンリーホテルへ。3階の客室の窓から道路を見下ろすと歩行者が見えるが、やたらに肥っている人が多い。若い女性はスタイルがいいんだけどね。街中で感じたのは、道路で携帯を使っている人がほとんどいないことと自動販売機がないこと。いいことだね。

 ただし車は怖い。道路を横断しようとすると、赤信号でも車が突っ走ってきて危ないことおびただしい。ガイドさんの説明によると、ギリシャ人は普段のんびりしているが、ハンドルを握ると人格が変わってしまうのだそうだ。ギリシャ最後の夜はホテルの屋上レストランでわいわいがやがやと過ごす。

 20日の朝7時半にバスでホテルを出発、アテネ空港へは約1時間。10時30分発のトルコ航空機でまずイスタンプールへ。正午に着いて、17時10分発の便まで空港内で時間を潰す。その間なにをしたかしかとした記憶はないが、売店やレストランをうろつきまわって多分ワインとブランデーを飲んでいたのだと思う。イスタンプールから成田までは約12時間。21日午前11時に成田に着いた。

 ギリシャに行ったのはこの旅行だけだし、トルコにはその後行っていない。ギリシャはその後金融危機で大騒ぎになった。緊縮政策に反発する労働者や市民のデモがアテネを埋めたと報道された。トルコもイスタンプールでの再度のテロ事件など物騒な国になっている。あの頃170円もしたユーロが今は120円を切っている。世界はわずかな時間にも思いもよらぬ変化があるものだと実感する。

posted by マスコミ9条の会 at 04:54| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

マスコミ9条の会ブログ