2017年07月28日

ウブド通信K

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年07月28日
ウブド通信K

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 7月6日に到着して今日は28日、とうとうバリを離れる日がやってきた。正味23日、日本へ帰るのは24日ぶりということになる。この間で一番いい天気だ。朝から雲ひとつない。孫たちはボンさんの運転でキンタマーニ高原へ行った。おれは相変わらず足と腰が痛いのでパス。午後まで静かだ。

 『じゃかるた新聞』を見る限りインドネシア経済は玉石混交で急成長を遂げているようだ。全国で28ものショッピングモールができる一方、東南アジアで一番と言われたジャカルタ郊外の電機製品大型店がシャッタービルになってしまったという。時代の波は想像以上に荒いらしい。自動車、石油・ガス、住宅などの分野での日本の投資は盛んなようだが、低賃金だけをあてこんだ事業進出には限界がありそうだ。

 インターネットで日本のニュースも刻々入る。安倍首相がしぶとく生き延びているのに民進党の蓮舫代表の方が先に辞任とは驚いた。民進党一党支持の連合も一部幹部が功を焦ってドジを踏み、方針転換を再転換する羽目になった。これで確実視されていた次期会長候補の逢見事務局長が失脚したらしい。

 さてバリ島23日間だが、なにせ足と腰が痛くてほとんどコテージから動けない。この間スーパーへ3度行ったのと、村の集会所でのジェゴクと踊り、村の住民の2年に1辺の祠祀りの参加くらい。あとは食事。マンデラ・ケイコさんのホテルのランチ、ワルン・スシ(寿司、日本料理)、べ・パシェ(魚料理)、和るん・あんかさ(本の交換会)、ワルン・タマン(中華)、マンガ・マドウ(バリ料理)など。

 来バリ後一週間は連日雨にたたられた。一緒に来たわくわく旅行一行が帰った後は基本的には晴れだったが、気温は低く南国という気がしない。ここは南半球なので今は秋から冬にかけての季節。朝晩は寒いくらいだ。長袖のシャツを持ってきてよかった。下着、Tシャツは毎日洗濯して間に合わせた。

 後半一週間は娘一家と一緒。おれが1号コテージで孫たちはすぐ前の2号。凌は5泊のうち3回おれと寝た。凰太はますますたくましくなった、といよりかいたずらが過ぎて言うことをきかない。ママが叱るのを見てると40年くらい前の女房と子どもたちが浮かんでくる。歴史は繰り返すらしい。

 孫たちが帰ってきたら、荷物の整理をして宿泊費などを清算し、夕飯を食べて夜8時頃空港へ向けて出発する。来た時、水が張ってあった田んぼに青々と田植えが済んだ。それではバリよさようなら。
posted by マスコミ9条の会 at 16:13| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

マスコミ9条の会ブログ