2017年08月07日

明日は大腸内視鏡検査で入院だ

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年08月07日
明日は大腸内視鏡検査で入院だ

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 明日8日入院する。例年柏辻仲クリニックでやっていた大腸内視鏡検査。今年もお知らせが来たので6月14、辻仲クリニックに予備検査で行ったら「あなたは80歳になったのでここでは検査できません。柏の葉辻仲病院へ行ってください」と宣告された。しかも今まで日帰りでできたのに病院は前日から入院しなければならない。ポリープを摘出したらさらに入院させられる。やっかいな話だ。

 実はこの病院、以前に入院したことがある。東日本大地震のあった2011年の5月10日、辻仲クリニックで内視鏡検査をしたら変形のポリープが発見された。普通は小指のように突き出ているので、根元を針金で巻いてギュッと搾れば取れるのだがこの時のポリープは平べったくて大腸の内壁にへばりついていた。

 (ここまで書いて気が付いたんだけど、この時の入院の顛末は本ブログで書いているんだ。まいいや重複するのはご勘弁ということにしてください)。さて件の平べったいポリープだが、どうやって取るかというと、まず食塩水をポリープに注入する。その膨らんだポリープをやはり針金方式で取るんだが小指型と違って傷跡が大きい。クリップで止めてOKというわけにはいかない。それで入院が必要になるのだ。

 5月30日にポリープ摘出手術をし、その日と翌日2泊して6月1日午前に退院した。家でひと眠りしてトイレに行ったら鮮血がジャー。びっくりして病院に電話したらすぐ来いという。なるべく安静にというので電車でなくタクシーで乗り付けた。結局再度内視鏡の管を尻から挿入して止血手術。また2泊させられた。

 これは明らかに最初の手術の止血の仕方にミスがあったとおれは思った。それで担当の若い医師に「どうして出血したのか」と問い質したが答えにならない答えで聞き流された。カチンときたが医師を相手に喧嘩する度胸はない。黙って引き下がって追加の入院料を払ってすごすごと病院を出た。

 その柏の葉辻仲病院に再度入院・手術だ。なんとなく変な事が起こる予感がする。ここまで書いたところで柏の葉辻仲病院から電話があって、明日の入院は午後2時来院で手続きしてくださいとのこと。朝9時でなく午後2時なのだ。おれの聞き違いあるいは勘違いだったらしい。

 今晩から大腸内視鏡専用検査食だ。夕食はチキンクリームシチュウ、朝は鶏と卵の雑炊、昼は鮭がゆ。
もちろんアルコールはダメと書いてある。大型台風5号が近畿地方に上陸したらしい。明日はこちらも雨と風が激しくなるかもしれない。たかが大腸内視鏡検査(胃カメラもやる)なのに何となく気が重い。
posted by マスコミ9条の会 at 16:15| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

マスコミ9条の会ブログ