2017年11月11日

しかとご覧あれ!希望の党の運命やいかに

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年11月11日
しかとご覧あれ!希望の党の運命やいかに

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 希望の党の共同代表選は、対立候補の大串博志氏を39対14で制した玉木雄一郎氏が当選した。「希望共同代表玉木氏」「分裂回避が課題に」(11日付『毎日』)。「憲法改正や野党連携を巡る玉木、大串両氏の隔たりは大きく、党内での路線対立は続きそうだ。分裂含みの党を玉木氏がまとめられるかが課題となる」。

 玉木共同代表は1969年生まれの48歳。09年に民主党から出て初当選、民進党幹事長代理などを務めた。その玉木氏、共同代表が有力視される中、11月10日付の『週刊金曜日』でインタビューに応じている。聞き手は『岳南朝日新聞』元争議団の片岡伸行さん。エッセンスのところを拾ってみる。

 片岡「希望の党は野党なのか自民・公明政権の補完勢力なのか」
 玉木「明確に野党です。われわれは安倍一強の自民・公明政権を倒すために合流しました」
 片岡「戦争法と9条改憲を容認するかどうかがポイントですね」
 玉木「一部メディアが(希望の党は)安保法制容認と言っていますが『安保法制については憲法にのっとり適切に運用する』ということです。小池代表も『9条への3項追加は容認しない』と言っています」

 片岡「希望が安倍改憲に協力するようなことになれば『排除』発言のときのように急速に国民の支持を失い、希望自体が空中分解する可能性もありますよ」
 玉木「安倍政権を利するようなことはしないということだけはお約束します。それでは野党が分裂した意味がない。(今回選挙の)得票率を見ても、すでに野党による政権交代の準備はできているのです」

 玉木氏の言う「野党による政権交代」の論拠はこうだ。まず議席は、立憲、希望、無所属で120超、これは郵政選挙時の民主党110より多い。比例区の得票率は自民の33%に対し、立憲(20%)と希望(17%)を合わせれば37%にる。――ま、計算はその通りだが単なる数合わせではねえ・・・。

 玉木氏は「安倍一強政治許すまじ」「われわれは安倍政権を補完する改憲勢力ではありません」と強調し、政策の柱を「現実的な外交・安保政策」「格差・貧困を是正し中間層を豊かにする経済政策」「情報公開を徹底し税金の無駄遣いをなくす」の3点におくという。この政策を見る限り「安倍一強政治」とどこが違うのか分からない。おれは片岡さんの言うように早晩化けの皮が剥がれて「空中分解」する運命にあると思うのだが。
posted by マスコミ9条の会 at 19:28| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

憲法学者による共産党の評価

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年11月07日
憲法学者による共産党の評価

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 『週刊金曜日』11月3日号で中野晃一と植野妙実子が対談している。丸々4ページで読みでがある。植野妙実子さんは最近結成した「憲法学者と市民のネットワーク(憲法ネット103)」の呼びかけ人。今回の総選挙で共産党が果たした役割についての2人の指摘が鋭い。長い引用だがご勘弁を。

 中野「(前略)共産党や社民党との選挙協力が見込めたからこそ、立憲民主党は結党できたのです。実際、立憲民主党から前職の候補者が立った選挙区では、共産党が候補者を下ろしてくれました。それがなかったら、もうどうにもならなかったはずですよ。バラバラのままで」

 植野「確かに、議席は減らしてしまいましたが、共産党の協力は今回の選挙で、とても大きな役割を果たしたのは間違いありません。小選挙区制度での、一つの闘い方を示したのではないでしょうか。私の周囲では今回、『今まで共産党に投票したことはなかったけれど、立憲民主党の候補者がいなかったので初めて共産党に入れた』という話も聞いています。こうしたことから、共産党に対する一種のアレルギーみたいなものもかなり減ってくると思われます(後略)」

 中野「市民が政治に参加するようになって、共産党も変わってきましたね。それに今回、共産党は21議席から12議席になりましたが、見方を変えれば、立憲民主党のためにあんなに候補者を下ろしたのにこの議席を取れたのは、初めて投票した人も相当獲得したのだろうと思います」

 「市民が政治に参加するようになって共産党が変わった」という中野さんの指摘には賛成だが、おれは、市民が政治に参加するよう働きかけたのは共産党だと思っている。反原発、秘密法、戦争法、共謀罪と市民運動は予想以上に広がり結束が強まった。そして今度は市民運動の高まりの中で共産党が変わった。これは日本の社会変革の運動にとって歴史的な出来事なのではないだろうか。

 選挙後の国会での首班指名で共産党と立憲民主党が同じ名前を書けなかったとか。枝野代表が共産党の連合政府構想を拒否したとか、なかなか道はデコボコしていて先が見通せない。そりゃそうだ生まれも育ちも違う政党がそんなに急に歩調を合わせられるわけがない。逆に急にべったりされたら気持ち悪い。
posted by マスコミ9条の会 at 19:40| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

公明党の選挙後退と創価学会

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年10月29日
公明党の選挙後退と創価学会

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 今回の選挙、東京12区(北区全域と豊島区、板橋区、足立区の一部)は共産党・池内沙織と公明党・太田昭宏の事実上の一騎打ち。結果は11万2597票と8万3544票で太田が当選した。太田はいわば公明党の看板なので公明党がシャカリキになるのは分かるが、自民党も安倍晋三首相、野田聖子総務相を応援に送り込むなど大変な熱の入れよう。例の小池ファーストや連合東京も応援に回った。

 この選挙区は前回14年の選挙では4人の有力候補が争った。池内、太田のほかに生活の党の青木愛、次世代の党の田母神俊雄が出て、太田8万8499票、池内4万4721票、青木4万0067票、田母神3万9233票という結果だった。太田が2万4098票増やしたのに対し池内は3万8823票の上積みである。保守・反共勢力総ぐるみの太田陣営に対して池内の善戦が際立っている。

 神奈川6区の公明党上田勇は野党共闘の立憲民主青柳陽一郎に8万6291票対8万2788票で負けた。前回は上田7万8745票、青柳5万2368票だったのだから大逆転である。上田は当選7回、財務副大臣を務めた大物。今やもてもての小泉進次郎まで応援に行かせた自民党の後押しも及ばなかった。

 公明党は今回の選挙で議席を35から29へと6つも減らした。これに対して「選挙期間が短かった」とか「比例区の定員削減が響いた」とか言っているがそれだけではあるまい。公明党の比例区得票が段々と減っている。ひと頃800万を上回っていたのが今回は697万である。共産党に入れた創価学会員が『赤旗』で紹介されていた。絶対支持団体である創価学会が変化を始めているのかもしれない。

 10月22日の衆院選当日、雨の降る中を信濃町の創価学会本部前で「共謀罪と安保法制の廃止のために闘え」「初代の獄死を忘れるな」とのプラカードを掲げたサイレントアピールが行われた。この行動は今回で9回目。創価学会から解雇された3人の本部勤務員とその支持者によって15年12月から続けられている。

 3人解雇の発端は、3人のうちの1人Aさんが『聖教新聞』購読を2部から1部に減らしてほしいと申し出たことから始まった。創価学会上部は減紙申し出を受け付けず本人への暴言を繰り返した。なおも説明を求めるAさんを解雇し学会から除名された。さらにAさんに同調した2人も解雇。今解雇撤回を求めて裁判でたたかったている。竹のカーテンといわれる創価学会内部から不満が噴出する日も近い気がする。
posted by マスコミ9条の会 at 18:05| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

いろいろあっても歴史は進む

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年10月25日
いろいろあっても歴史は進む

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 昨日24日の民進党参議院総会は大揉めだったようだ。「希望の党への合流を『代表一任』と決めて失敗だった」(桜井充議員)。過去を悔やんでほぞを噛んでいるというのが実情、情けない。前原代表への恨み節は際限なく、「党規に反した」として除斥か離党勧告を要求(小西洋之議員)する声もある。

 とはいっても参議院はまだ民進党が残っているからいい。可愛そうなのは衆議院で、民進党は解体して3つに分裂してしまった。3つのうち希望の党合流と立憲民主党参集でははっきり明暗が分かれた。「明暗分かれた元民進」「希望組3割当選 立憲組7割当選」(24日付『毎日』)。

 3割、7割というのは前、元、新人ひっくるめた数字で、前職のみだとかなり異なる。解散前の民進党衆院議員で今回立候補したのは90人、当選したのは65人。このうち希望の党は53人立候補して31人、立憲民主党が16人で全員当選、無所属は21人中18人が当選だ。希望の党へ行った前職で落選したのが22人もいる。「ああ希望でなく絶望だった」「緑のタヌキに騙された」とぼやいてももう遅い。

 この明暗はどこからきたのか、きちんと分析する必要がある。小池ファーストが失速し、追い風が向かい風になったことも事実だがそれだけではない。「市民と野党の共闘」に背を向けたたかどうかが厳しく問われる。国民から遊離して政界のからくりに乗ってしまったのが運の尽きだったのだ。

 さて今後どういう展開になるかということだが、一筋縄で行くとは思えない。民進党から立憲民主党に参集した人たちをメディアは「リベラル派」と呼んでいるが、これもあいまいだ。立憲の枝野代表、希望の党への合流を仕組んだ前原氏、無所属で当選した野田氏はともに政治活動の始まりは日本新党である。3人の政治理念がそれほど違うとは思えない。結局は民進党の復活になる可能性もある。

 日本新党は「非自民非共産」を掲げて一時政権を握ったがすぐ自民党に取り戻されてしまった。日本新党の流れを継いだ民主党も「政権交代」の風が吹いて政権の座についた。これも3年ちょっとでひっくり返された。どこに原因があったのか。やはり国民との結びつき、反自民勢力を大きく結集することができなかった、そこを衝かれたのではないかな。つまり「非自民非共産」では駄目ということなのだ。

 共産党は今度の選挙で議員も票も減らした。志位委員長は記者会見で「そのかわり野党共闘は前進した」と胸を張ったが、どう見ても負け惜しみに聞こえる。しかし清々しい負け惜しみだ。これからも道はジグザグだが、野党共闘=統一戦線に向かうことをおれは信じている。いろいろあっても歴史は進む。
posted by マスコミ9条の会 at 15:36| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

松戸伊勢丹の閉店と総選挙

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年10月20日
松戸伊勢丹の閉店と総選挙

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 松戸市で唯一のデパート伊勢丹が来年3月で閉店するという。開店して何年になるんだろう。30年は超えるだろうと思う。おれの洋服のサイズはスーパーでは揃ってないので、ちょっと割高だが伊勢丹5階のラージサイズコーナーで買っていた。松戸駅前のマンション住まいの長女は超お得意だった。

 うちの女房も伊勢丹のなんとか会員でカードを持っている。2,3日前、閉店とカードの件でお知らせ手紙が来た。朝飯の時、なんで閉店なのかなと話題になった。おれが「高度経済成長時代のいわゆる中流層がいなくなったせいじゃないかな」と言うと女房も「そうかもね」と頷いていた。

 いつ頃かな、「勝ち組」「負け組」なんて言葉流行ったことがある。派遣斬り、ワーキングプアも社会現象になった。要するに貧困と格差の時代が来たんだよな。一部の超金持ちと貧困層に社会が二極化して中間がなくなった。お客をたくさん呼ぶのは100円均一店と高級ブランド店というわけだ。

 デパートだけではない。飲み屋の世界もそうだ。小料理屋や割烹というちょっと小綺麗で、一回の飲み代が5000円程度という店が見当たらなくなった。大量仕入れ、大量販売、安価強調のチェーン店か巷を席捲している。昔、トリスパーの上にサントリーバーというのがあってその上に銀座のバーやクラブがあった。下から上まで継続的につながっていた。それが今は下と上は断絶している。

 新自由主義というのは結局競争社会ということになる。がんばれば上に行けるががんばらなければ脱落だというが、社会の仕組みはそんなに単純ではない。個人のがんばりなんかたかが知れてる。しかもがんばった挙句に過労自殺に追い込まれる。人をがんばらせておいてその成果を吸い上げている連中が必ずいる。例えば竹中平蔵だ。こいつらが中流を消滅させデパートを閉店させた。おれはそう思っている。

 3日後に迫った総選挙投票日。雨続きで選挙運動も大変だ。ご苦労さん。この選挙、憲法問題も争点として大事だが、格差と貧困、ワーキングプアの問題も忘れてはならないと思う。「働き方改革」などと称して労働者を雑巾のように絞ろうとしている連中を絶対に勝たしてはいけない。

 お昼、やっと雨が上がったようだ。22日の投票日には鴨川まで枝豆もぎに行かねばならないので、これから不在者投票にでも行ってこようかな。それにしてもどうして、おれのブログに安倍首相の顔があるんだよ。
posted by マスコミ9条の会 at 18:14| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

主な課題は アベ政権の「国難除去」

元ワイドショープロデューサー仲築間 卓蔵(なかつくま・たくぞう)のブログ
「テレビ」と「平和」と「憲法」のblogより転載
http://blog.goo.ne.jp/takuzou4108
2017年10月12日

主な課題は アベ政権の「国難除去」

■仲築間 卓蔵(元日本テレビプロデユーサー)

 このところ腰を痛めてコルセット生活である。
 だが、そんなことでうだうだしてはいられない。
 またも引用で恐縮。
 鎌倉共産党後援会ニュースに書いたものだ。
 

 憲法の命運を左右しかねない政治戦に突入している。
 主な課題はアベ政権の「国難除去」である。その主役は主権者であるわれわれ一人一人なのだ。

 ここに『澤藤統一郎(弁護士)の憲法日記』がある。一部を紹介しよう。
 彼は言う。「今回の選挙では、まずはアベ政権という”国難”の実態が徹底した批判に曝されなければならない。それに対する防御の言論活動もあって、しかる
 後に形成された民意が投票行動になる」と。

 論戦の対象とすべきものは、
  
 アベ政権の非立憲主義
 アベ政権の反民主主義
 アベ政権の好戦姿勢
 アベ政権の政治と行政私物化の体質
 アベ政権の情報隠蔽体質
 アベ政権の庶民無巣の新自由的経済政策
 アベ政権の原発推進政策
 アベ政権の対米追随姿勢
 アベ政権の核の傘依存政策
 アベ政権の核廃絶条約に冷ややかな姿勢
 アベ政権の沖縄新基地対米追随姿勢

 だと言う。

 そのすべてについて、わかりやすく伝えているのは、誰あろう日本共産党である。
 いつもに増して親戚・友人の反応は良い。
 主権者が主役になる政治をとり戻す絶好のチャンス。
 古い流行語だが 「いつやるの 今でしょ」


posted by マスコミ9条の会 at 15:38| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

自・公・維・希 VS 野党連合(共産・立憲・社民)+ ?

元ワイドショープロデューサー仲築間 卓蔵(なかつくま・たくぞう)のブログ
「テレビ」と「平和」と「憲法」のblogより転載
http://blog.goo.ne.jp/takuzou4108
2017年10月09日

自・公・維・希 VS 野党連合(共産・立憲・社民)+ ?

■仲築間 卓蔵(元日本テレビプロデユーサー)

 久しぶりの更新。
 鎌倉年金者組合の機関紙のコラム「万華鏡」に書いたものの転載です。

 あすの日本の進路を決める総選挙に突入した。アベは「国難突破解散」とうそぶいたが、誰の目から見ても「自分の難儀突破解散」である。

 大事な時期に(目くらましで)何かが起きるが、今回は「希望の党」の出現である。メディアは、一瞬「小池劇場」と化した。反発するように「立憲民主党」が誕生した。

 小池新党出現で「三極」の争いと見る向きもあるが、国民から見れば自民・公明・維新・希望 VS 市民と野党共闘(共産・立憲・社民など)「二極」の対決である。市民と野党共闘候補は240を超えたという。

 同時に、おもしろい現象も起きている。創価学会名誉会長・池田大作氏が(意図するところはいくつか考えられるが)神奈川新聞(9月8日付)に「核なき世界へ市民の声を」と題して寄稿している。

 また、日本会議の主要メンバーだった「生長の家」が(10月4日)「再び 与党とその候補者を支持しない」という見解を発表している。

 知らないところで、何かが起きようとしているのだろうか。
posted by マスコミ9条の会 at 16:56| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

国民主権で政治を変えるチャンスだ

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年10月03日
国民主権で政治を変えるチャンスだ

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 今度の総選挙は「3極対決構図」(3日付『毎日』)だという。今朝のテレビを見ていたら、自公が与で希望・維新が野党、共産・立憲民主は第3極、と図を描いて説明していた。冗談じゃない。自公が与党なら野党と言えるのは共産、立憲民主、社民などではないか。右翼政治屋小池何某率いる希望の党とその一派は野党ところか第3極とも言えない。せいぜい1.5極だ。それだっておまけした点数だ。

 この政界ごたごたの最中、象徴的な選挙が行われた。東京都武蔵野市長選である。自民党が推した高野恒一郎自民党元市議に共産党、民進党、生活者ネット、無所属市議らが支援した松下玲子さんが、34万対17万のダブルスコアで大勝した。この選挙、公明党・創価学会は自主投票だったという。

 ついでに言えば、例の市職員不正採用で辞職した山梨市長選でも自民党候補が負けている。京都の長岡京市議選では共産党が1議席増の6人になり、自民党と同数になった。どんなに政局が混迷していても国民は誰に政治を託するのがいいのか、ちゃんと見ているのである。国民を侮ってはいけない。

 安倍晋三首相が「国難突破解散」とやらをやる気になったのは「このまま事態が推移したら野党と市民の共闘がさらに強くなる、これを事前に潰さなければならない」と考えたからに違いない。「野党と市民の共闘」は彼にとってまさに「国難」なのだ。彼の頭の中には3年前の「オール沖縄」と去年の参院選が悪夢のように去来する。沖縄では自民候補が全滅し、参院選1人区て11議席も野党にもぎ取られた。

 来るべき総選挙では沖縄や参院選1人区の失敗の轍は踏まない。それが安倍首相の執念だ。彼の政治信条からすれば小池百合子は同志であって決して敵ではない。希望の党が伸びたところでいずれ自民党に吸収できる。問題は野党と市民が本気で共闘して沖縄型の統一戦線を形成することだ。それだけは何としても防がねばならない。そのためにはまず民進党を抱き込んで野党共闘から離脱させる必要があった。

 安倍首相のやみくもの解散権行使、小池都知事の新党結成、前原代表の民進党解体、ここまでは彼らが描いたシナリオ通りだった。枝野新党結成も彼らの想定内だったかも知れない。しかし、国の未来は最後は国民が決めるという国民主権の思想が彼らには欠落していた。表面だけ見ると日本の政治には絶望しかないように見えるが、混沌とした政治情勢を国民の立場で切り開く展望が出てきたと言えるのではないか。
posted by マスコミ9条の会 at 16:30| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

「都民ファースト」の圧勝を危惧する

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年07月03日
「都民ファースト」の圧勝を危惧する

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

 注目の東京都議会議員選挙が終わった。大方の予想通り小池知事が率いる都民ファーストが地滑り的大勝利を果たした。自民党は惨敗。公明党は1議席、共産党は2議席伸ばした。民進党は壊滅寸前だ。

 今回の選挙では圧倒的人気の小池知事との間合いをどうとるかで各党とも苦慮した。自民党は対決姿勢。公明党は小池与党を選び選挙協力。民進党はどっちつかずで都民ファーストに食い荒らされた。共産党も小池知事との正面対決を避け「共産党対自公の争い」を旗印にした。その結果どうだったか。

 出口調査の結果では「小池知事の政策に賛成」が70%を超える。しかし小池知事の政策って一体何だ。中央卸売市場の豊洲移転に待ったをかけたのが唯一政策らしきもので、少子高齢化や基地問題など東京都が抱えている課題については何ひとつ打ち出していない。ただ「新しい都政を」と言うだけだ。

 おれは「都民ファースト」ではなくて「小池ファースト」だと思う。これ以上都民がヨイショするとずのぼせてあの橋下徹になってしまう。それは決して都民のためにならない。そこのところを明確に批判すべきだった。もっとも明確に批判しなかったからなんとか2議席増に漕ぎ着けたという見方もある。

 さて首都東京を制覇した(かに見える)小池知事と都民ファーストだが、今度は国政にまでウイングを広げるのではないかという見方がある。「都民フ『国政』現実味」(3日付『毎日』)。「圧勝によって、今年4月に国政研究会をスタートさせた都民ファーストの国政進出も、現実味を帯びる」。

 今回の選挙で安倍政権が苦境に陥ったのは事実だ。もり・かけ疑惑に端を発し、お友だち連中が寄ってたかって安倍首相の足を引っ張る。憲法九条改悪に執念を燃やしてはいるが、もはや政権末期の土壇場だとの指摘もある。そうすると安倍に代わる保守政治の担い手が必要になる。

 小池知事と都民ファーストが安倍政権崩壊後の受け皿になるのかどうか。もちろんまだ未知数だが、権力中枢の黒幕たちは彼女を有力な選択肢として育てていることは間違いない。ひと頃は大阪の橋下や名古屋の河村に期待したがこのところ化けの皮が剥がれて落ち目の三度笠だ。ここらで一つ小池百合子で行こうじゃないかと手ぐすね引いてる気がする。早めに引きずりおろして悪政の芽を摘むことが大切だ。
posted by マスコミ9条の会 at 14:57| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

全国が注目する脱原発%s知事選挙  

100人会 原発 14・1・24

全国が注目する脱原発%s知事選挙       池田龍夫

 東京都知事選挙(2月9日投開票)は、「脱原発」政策を全面に掲げた細川護煕元首相の出馬表明によって大混戦の様相を呈してきた。地方選で原発を争点にすることに、違和感を唱える向きもあるようだが、果たしてそうだろうか。
   
 人口1300万人の東京都は、電力供給を福島原発・柏崎刈羽原発(新潟県)に頼ってきた。約3年前の第1原発大事故は未だに汚染水処理で躓き、廃炉への道は極めて険しい。ところが安倍晋三政権はいぜん原発再稼働にこだわり、代替エネルギー開発は進んでいない状況。都民の多くが「原発に頼る社会構造」に不安を感じているのは、紛れもない事実だ。
 
 従って、都民が主体の知事選のテーマとして論じ合ってもらいたい。医療・社会補償問題、インフラ整備、さらに2020年東京五輪対策等々、難問山積だが、原発論議こそ最優先課題に位置付ける必要があろう。
 
 朝日新聞1月19日付朝刊は、「全国の455議会『脱原発』可決、国会に意見書提出」と大々的に報じた。同紙報道によると、「全国の455の県や市町村議会が、福島事故後に原発に頼らず電力供給する『脱原発』を求める意見書を可決したことがわかった。全国自治体の3割近くに達しており、太陽光・風力など自然エネルギーを大幅に増やすよう求めている。都道府県別では北海道が54自治体と多く、福島と隣り合う山形25、栃木22、茨城19。長野26、高知23自治体も意見書を提出している。東京都は国立市など11自治体だった。
 
 都知事選も反映して、さらに脱原発℃ゥ治体が増えそうな気がする。今後3カ月後か半年後に調査するよう望みたい
(いけだ・たつお)1953年毎日新聞入社、中部本社編集局長・紙面審査委員長など。
posted by マスコミ9条の会 at 11:06| Comment(1) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ