2013年12月17日

米上下両院、14年度グアム移転予算を認める  

100人会 グアム 13・12・16                     
米上下両院、14年度グアム移転予算を認める      池田龍夫
 


 沖縄に駐留する米海兵隊のグアム移転に関し、米政府の2014年度(13年10月〜14年9月)関連予算が12月9日、米上下両院軍事委員会で合意に達した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設進展につながるかどうか、日米両政府と地元沖縄県との調整が注目を集めている。
 
 米政府は2020年代から、グアムなどに9000人の海兵隊と家族を移転させる計画だったが、議会内に慎重な意見が強く、棚上げされていた。今回の修正合意によると、必要な経費は、前会計年度比約8倍増となる約2億j(約206億円)で、米側の負担は8600万j、日本側が1億14400万jという。

 各紙報道によると、海兵隊4000人がグアムへ、米本土・ハワイ・豪州へ4600人が移転し、沖縄には1万9000人が残留する計画だ。上院軍事委の重鎮であるマケイン議員が8月に訪日した際、安倍晋三首相らが「海兵隊のグアム移転が普天間移設に不可欠」と説いたことが、上院の方針転換の一因と推測されている。
  
 安倍自民党政権が圧力を掛けた結果、沖縄・自民党国会議員5人が「県外移設」の公約を転換して辺野古容認に転じた。1月19日の名護市長選にも自民党が候補者を立て一本化調整を行っている。仲井真弘多知事が辺野古沖埋め立て申請にどう返事するか、辺野古問題は風雲急を告げている。

(いけだ・たつお)1953年毎日新聞入社、中部本社編集局長・紙面審査委員長など。
posted by マスコミ9条の会 at 00:05| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

差別と犠牲を断つために ―普天間問題をめぐる沖縄地元紙の立場―

差別と犠牲を断つために

―普天間問題をめぐる沖縄地元紙の立場―


琉球新報社 編集局次長兼報道本部長 普久原 均10/09/20「2010/8(No.709)新聞研究から転載」

PDFをご覧ください。

差別と犠牲を断つために 2010.08.pdf
posted by マスコミ9条の会 at 04:14| Comment(1) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄基地重圧の深層 ―命の二重基準と民主主義の熟度―

沖縄基地重圧の深層

―命の二重基準と民主主義の熟度―


琉球新報政治部長 松元 剛10/09/20 「法と民主主義 2010.05 No.448から転載」
PDFをご覧ください。

沖縄基地重圧の深層 2010..pdf
posted by マスコミ9条の会 at 04:11| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

普天間問題が問う民主主義の熟度−安保の二重基準に抗う−

普天間問題が問う民主主義の熟度−安保の二重基準に抗う−

琉球新報・松元 剛(政治部長)


9月9日、新聞OB九条の会・マスコミ九条の会の沖縄ツアーとの交流会で、松元・琉球新報政治部長が琉球新報社会議室で講演されたレジメ(PDF)を掲載します。
琉球新報・松元 剛 2010.09.pdf
posted by マスコミ9条の会 at 07:03| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

沖縄で米軍基地反対の大規模県民集会

posted by マスコミ9条の会 at 06:56| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

2009年05月16日

2009年02月18日

ヒラリー・R・クリントン米国務長官へ

ヒラリー・R・クリントン米国務長官へ

日米両軍の戦場となった1945年から現在まで続く沖縄の米軍基地の存在は、沖縄の人々から歓迎されたことはありません。米軍基地をめぐって沖縄の人々は自らの意思を表明する機会すら奪われてきました。ウッドロー・ウィルソン米大統領は、1918年に世界に向かって明らかにした14カ条の平和原則で自決権について次のように述べています。「当事者である住民の利害が、法的権利の決定を持つ政府の請求と同等の重みを持たされなければならない」という自決権は、世界平和を実現するための不可欠な条件であると。21世紀に入ってもなお、この自決権のかけらさえ沖縄の人々には遠い存在のままなのです。沖縄における基地問題の原点はここにあります。続きを読む
posted by マスコミ9条の会 at 23:56| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

届くか「負担軽減」 米大統領オバマ氏当選で


届くか「負担軽減」 米大統領オバマ氏当選で2008年11月6日(琉球新報)

 米大統領選でオバマ氏が当選したことに、米軍基地が集中する本島中部の基地所在自治体の首長からは、基地返還の促進や騒音問題など負担軽減に期待感を込めた強い要求の声が上がった。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-137853-storytopic-108.html
posted by マスコミ9条の会 at 07:09| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

米軍構成員による犯罪の実態―良き隣人の素顔




米軍構成員による犯罪の実態―良き隣人の素顔


 
中村晋輔(弁護士・八王子合同法律事務所)


 2006年1月3日、神奈川県横須賀市において、出勤途中でたまたま通りがかった女性が、米海軍兵士によって凄まじい暴行を受けて現金を奪われるという衝撃的な強盗殺人事件が起きた。当該米兵は、横須賀を母港としていた空母キティホークの乗組員であった。



 続きを読む
posted by マスコミ9条の会 at 12:58| Comment(0) | 米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ