2017年04月01日

「共謀罪」と過去2件の治安立法

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月31日
「共謀罪」と過去2件の治安立法

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 3月21日、「共謀罪」法案の国会上程が閣議決定された。これから国会内外で熾烈な攻防が始まる。過去3回も国会に提出され、猛反対にあっていずれも廃案になった戦後最悪の治安立法だ。国民の大運動で叩き潰すためにも、歴史の教訓として、戦前戦後の二つの同種法案について触れたいと思う。

 一つは1922年(大正11年)に高橋是清内閣が国会上程した「過激社会運動取締法案」である。17年のロシア革命に刺激され、日本でも大正デモクラシーと呼ばれる民主運動が盛んになる。特に20歳以上の男子全てに選挙権を与えるよう求める普選運動が全国に広がる。これを阻止するためだ。

 この法案は余りにも露骨だったため、労働組合や言論界が中心になった反対運動で廃案になり、高橋内閣は総辞職する。《ちなみにこの年の7月15日、堺利彦を委員長とする日本共産党が誕生》。政府は過激運動取締法を治安維持法と名前を変えて25年(大正14年)2月、普通選挙法と同時上程し、成立させた。

 二つ目は戦後16年経った1961年(昭和36年)2月に池田勇人内閣が国会に上程した「政治的暴力防止法案(政暴法)」である。いうまでもなく前年は安保反対闘争で全国的に労働者、農民、市民の運動が燃え広がった。安保改定は強行されたが岸内閣は総辞職し、日本の革新運動は絶頂期を迎えていた。これを抑えるべく「テロ行為を防止するため」と称して自民党が議員立法で国会に上程した法案である。

 法案は政治的暴力行為を「政治上主義を推進して、殺人、傷害、逮捕監禁、強要、器物損壊、政府中枢施設への不法侵入による暴行」「特定人物を殺害することの正当性を主張する行為」と規定。さらに「将来継続または反復して政治的暴力行為を行う明らかな恐れがある団体」「殺人を犯した政治的暴力団体」「将来または反復して殺人を行う明らかな恐れがある場合」は団体解散などの規制ができるとした。

 法案上程の62年2月当時、おれは24歳で新聞労連東京青年婦人協議会議長。7月からは地連書記長(非専従)になった。連日国会周辺の政暴法反対デモに新聞労連旗とハンドマイクを担いで参加した。ある日のデモでは首相官邸前で機動隊に分断され、孤立して道路に座り込んだ。しばらくしたら「部隊で排除する」との宣言と同時に警棒で小突きまわされながら虎ノ門の特許庁前まで押しまくられた。

 ハンドマイクは壊れ、履いていた下駄のハナオは切れ、裸足で新橋まで歩いた。そんなたたかいがあって政暴法は衆議院では可決されたが、参議院で採決されずに廃案になった。

posted by マスコミ9条の会 at 09:40| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

海外旅行・ギリシャ、エーゲ海(2008年)A

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月28日
海外旅行・ギリシャ、エーゲ海(2008年)A

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 9月16日、クルーズ2日目。朝の7時にトルコのクシャダスに寄港。港からバスでエフェソス遺跡に向かう。ここは11年前に佐藤一晴さんやゴリちゃんたちと来たところだ。西暦前にこんな建造物をつくった連中は物凄いと思うが、2度見せられると疲れもあってうんざりする。早く船室で昼寝したい。

 遺跡見物がやっと終わって正午に船に戻りレストランで昼飯。ワインの酔いでいい気分になりしばらく昼寝。午後4時に放送で集められ、聖ヨハネが黙示録を書いたというパトモス島に下船。ヨハネが籠った洞窟があるというのだが、かなり歩くらしいのでおれはパス。港のベンチで時間をつぶした。

 午後7時に帰船、キャビンの窓からエーゲ海に沈む夕日を撮った。ディナーは「グリークナイト」といって、ギリシャ国旗の白と青をどこかにまとわなければならない。おれは青いジャケットと白いワイシャツにした。バイキング形式の料理とビール、ワインの飲み放題、音楽とショ―で楽しかった。

 一晩中航海して、次の寄港はロードス島。目が覚めたら港の中だった。朝飯を食べて甲板に出たら船が接岸するところだった。ロードス島は騎士団で有名。騎士団通りとか騎士団長の家とかを見る。今まで寄った島の中では最も大きい。海岸にはデッキチェアが並んでいたが、人っ子一人いない。

 午前中でロードス島見物を終え、船に戻って昼飯。例の飲み放題のカードのモトをとるためワインをガブガブ。午後は船内をぶらぶらしたり昼寝したりデッキで浅田次郎の「王妃の館」を読んだり。夕食のドレスコードは「フォーマル」。おれは和服を着て足袋を穿いた。田中さんが誕生日のお祝いを受けた。

 9月18日、朝起きたらクレタ島の港だった。朝飯後下船し、バスで島内観光。クノッソス宮殿といっても土台だけ。11時に戻って昼飯。ワイン2杯。なんとか例のカードはモトをとれそうだ。午後は最後の寄港地サントリーニ島へ。活火山の島だ。最近では1956年に大噴火があったという。怖いね。

 最後の夕食はグループ毎のテーブルが用意されていて服装もカジュアル。メモにより、これまでの飲み物料金を合算したらめでたくカード代をオーバーした。グループだけのテーブルなので気兼ねなく騒いで、食事後はホールで南洋の踊りを楽しんだ。船はサントリーニ島を出航、帰路についた。

posted by マスコミ9条の会 at 22:51| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「森友」の本質は忖度と縁故主義

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月26日
「森友」の本質は忖度と縁故主義

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 3月25日、日本維新の党の松井一郎代表は「(『森友』問題で)首相が火に油」を注いでいると安倍晋三首相を批判した(26日付『毎日』)。これは、23日の森友学園・籠池泰典理事長の証人喚問で「はしごを外した犯人は松井知事だ」と名指しで非難されて頭にきた八つ当たり的発言と見られる。

 松井氏は「(今回の問題は)贈収賄のような事件ではない」「良いそんたくと悪いそんたくがあるが、(今回は)悪いそんたくではない」「火に油を注いでいるのが安倍総理だ。そんたくはあったと、はっきり認めるべきだ」などと述べている。確かに森友学園側から多額の賄賂が政界に流れている痕跡は薄い。

 しかし@国民の財産が議員や高級官僚の「そんたく」によって不当に値引きされたこと、A小学校開校申請が知事の「そんたく」によって認可の便宜がはかられたこと、は容易に推認できる。たとえこの間に金が動いていなくても、やはり疑獄の一種なのではなかろうか。では彼らの忖度の動機は何なのか。

 この問題についての鋭い指摘をネットで読んだ。アフリカ研究者・舩田クラ―センさやかさんである。ちょっと読みにくい文章なので要約して紹介する。

 「これは典型的なネポティズム(縁故主義)で、アフリカの独裁者が使う手法です。つまり権力を握る者(大統領夫人を含む)が、近親者に次々に便宜を図ることです。長期政権は腐敗し、ネポティズムがはびこります。反対派国民を大虐殺したことで有名なルワンダの大統領は、IMFの緊縮政策で悪化した民衆の不満をヘイト的行動に誘導して、民主化運動による政権崩壊を回避しようとしました。

 森友騒動で分かったのは、政・官・財・教育・宗教・地域を巻き込んだ『戦前戦中社会の復活運動』が改憲を頂点に着々と進んでいるということです。この運動に関わることで縁故者になれ、様々な便宜が図られるという構図なのです。運動である以上大切なのは「思想」で、必ずしも金銭授受は必要としません。『仲間意識=縁故』とそれへの『恩・従』は不可欠で、『親分子分関係』と呼ばれる所以です」。

 縁故・近親者ほど、一度「縁」が崩壊すると憎しみは百倍にもなる。籠池夫妻と安倍夫妻、松井一郎、稲田朋美、籠池証言ではあの葛西敬之の名前も飛びだした。ルワンダ時代のアフリカを彷彿させるではないか。
posted by マスコミ9条の会 at 19:24| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

海外旅行・ギリシャ・エーゲ海(2008年)@

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月24日
海外旅行・ギリシャ・エーゲ海(2008年)@

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 このツアーも田中恭一さんの呼びかけ。目玉は4泊5日のエーゲ海クルーズ。参加者は添乗員(富士旅行社)を含めて24人。うち男性7人。女性が圧倒的に多い。2年前に亡くなった都労委事務局の細見さんの奥さん令子さんも。新聞関係はおれと石坂政雄さんだけ。旅行中ずっと同室だった。

 9月12日、成田発12:50のトルコ航空51便でイスタンブールへ。約13時間。時差6時間。現地時間18:50にトルコ・アタチュルク国際空港着陸。おれは2度目のトルコだ。トランクを受け取って19:50にはバスに乗れた。ポルポラス海峡のヨーロッパ側にあるクリスタルホテルに泊る。

 翌日は朝早くホテルを出て市内観光。ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿、大バザール。すべて11年前の97年5月に1度来たところだ。夕方17:00にイスタンブールを発ってアテネには18:25。バスで市内のスタンリーホテルに着いたのが午後8時半。ホテルのレストランで夕食。

 14日はアテネ市内観光。見どころは何と言ってもアクロポリスの丘。丘というだけあって足場の悪い道をかなり上らされる。遺跡は部分的に修復中で布を被っている。とにかく暑い。早く丘を降りて冷たいビールを飲みたい。「日曜日はダメよ」の国だけあって開いている店は少ない。夕食は今夜もホテルの屋上につくられたレストラン。夜景を見ながらビール、ワイン、ブランデーをがぶ飲み。うまくて安い。

 昨夜、帽子を席に忘れたが翌朝ちゃんと届けられた。さてエーゲ海クルーズ乗船の日だ。バスでピレウス港へ行き10:30、クルーズ船「オーシャン・カウンティス号」に乗船。総トン数17.593トン/全長163m/ 全幅23m/プール/400席のラウンジ/巡航速度17.5ノット/最大乗客数800人。5日間ビール、ワイン、ドリンク飲み放題のカードを72ユーロで買う。安いのか高いのか。

 11:00出航。避難訓練とか説明会とかあって、夕方5時に最初の訪問島ミコノス島に上陸。エーゲ海に浮かぶ白い宝石と言われている。白い壁の家と教会、白い石畳の迷路、骨組みだけの風車、ペリカンもいた。行列の後について歩く。海岸の露店に並んだロブスター。いつかテレビの旅行番組で見た風景だ。19:30にミコノス島を離れて船に戻る。船内の夕食はなにしろ飲み放題なので殿様気分だ。
posted by マスコミ9条の会 at 19:37| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

聞け!過労死遺族の悲痛な叫びを

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月22日
聞け!過労死遺族の悲痛な叫びを

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 月100時間の過労死ラインを認める「労使合意」が大問題になっている。全労連をはじめ労働組合、労働弁護団はもちろん、一番声高く怒っているのは過労で家族を亡くした遺族の方々だ。3月15日に開かれた労働弁護団主催の集会で「東九州過労死を考える家族の会」の桐木弘子さんは悲痛な声をあげた。

 「私は9年前、過労自死で、23歳の息子を亡くしました。大手自動車会社の整備士だった息子は、転勤後わずか4カ月半後に、『工場長、使えない人間で、すみませんでした』という遺書を残して、自ら命を絶ちました。繁忙期の一番忙しい時期に転勤させられ、息子は戦力として働かされて、重大なミスをおかしてしまいました。周りの支援もなく、自信をなくして、精神疾患を発症したあげくの自死でした。

 自分の命にかえても守りたいと思って必死に育てた我が子が、仕事が原因で自死するときの衝撃は想像を絶するものでした。最愛の我が子を救えなかった自責の念と絶望、喪失感など、とても言葉で言い表せない苦痛でした。子どもに先立たれた母親の悲嘆が一番大きいと言われていますが、もっと苦しくつらかったのは息子本人です。死を決心したとき、どれだけ苦しんだのか、死を決行したときどれだけ痛かったのか。仕事から逃れる方法がそれしか思い浮かばなかった息子がかわいそうで今でも胸が詰まります。

 国会では、時間外労働の上限を繁忙期に100時間まで認めるという恐ろしい法律が制定されようとしています。たとえ100時間未満ととりつくろっても99時間と100時間にどれだけの違いがあるのでしょうか。この法案を通そうとしている人たちは、100時間の時間外労働がどれだけ過酷なものか認識しているのでしょうか。

 過労自死は、仕事が原因でうつ病に罹患することによって死に至ります。過労死ラインを合法化し、死ぬかも知れないとわかっている労働時間を働かせたあげく、死なせることがあれば、まさに殺人であると私は考えます」(「弁護士ドットコム」で紹介された集会アピールより)。

 おれたちが労働組合運動に首を突っ込んだ時、一番最初に目にしたスローガンは「職場を基礎に、いのちとくらしを守ろう」だった。過労死ラインを認めるろ「労使合意」には、職場労働者の苦痛も、いのちの大切さも感じられない。これはまぎれもなく社会の退行であり、組合存立の意義の喪失であるとおれは思う。

posted by マスコミ9条の会 at 20:43| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

海外旅行・南フランス(2007年)B

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月20日
海外旅行・南フランス(2007年)B

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 27日、朝の9時にサルラ・ラ・カネダをバスで発って1時間半、フランスで最も美しい村といわれるサン・シル・ラポピーに着いた。山の中腹に木造の色鮮やかな家々が並んでいる。昔は村人の住居だったんだろうが、今はレストランや喫茶店になっている。その1軒の狭いレストランでランチを食べた。

 午後はさらに1時間半バスに乗ってコルド・シュル・シェルへ。通称「天空の城塞都市」と呼ばれている。確かに見晴らしのいい高台だが、これといった見ものはない。2時間近い滞在は退屈だった。夕方17:30にアルビに着いて、ホテル(メルキュール・アルビ・バスティドゥ)にチェックイン。夕食は7時から。レストランまで歩いて、蟹肉のスープとポークフィレソテーで白ワインを飲んだ。

 フランスは10月28日から冬時間に切り替わる。昨日までの朝9時は8時ということになる。というわけでゆっくりホテルを出て、まずロートレック美術館へ。その後教会を二つばかり回ったが、バスの中でガイドさんが説明した中世のカタリナの話が面白かった。権力と結びついたキリスト教が新興宗教のカタリナに対抗して、権威を示すためにでかい教会をつくったんだそうだ。こけ脅しだよな。

 昼食は、航空機製造の大都市トゥールーズで三々五々各自で食べる。エールフランスの組合がストライキに入っていてパリへの国内便が心配されたが、われわれの便は時間通り飛んだ。20:05パリ・オルリー空港に着く。ホテルはコンコルド・モンパルナス。名前は立派だがそれほどのことはない。

 29日は終日自由行動だったが、朝から土砂降りの雨。みんなそれぞれ前から予定していたらしく、さあっと散っていった。おれはこれも予定のない女性と2人で、エールフランスOBに美術館を二つ案内してもらった。夕食は例の「牡蠣の三段重ね」を食べたが、40ユーロもとられた割には物足りなかった。

 30日は帰国の日。午前中エッフェル塔の真下から出航するセーヌ川クルーズに乗る。ノートルダム寺院のあるシテ島をぐるりと回って出航地点に帰ってくる約2時間の船旅。昨日とは打って変ったいい天気で、ゆったりとパリ最後の時間を過ごせた。午後8時にホテルを出て、ドゴール空港着20:45。

 23:25発のAF278便で一路成田へ。成田着10月31日午後7時。南フランスという今までとちょっと異質なフランスに接した8日間。カモ料理とワインを満喫した結構な旅でした。

posted by マスコミ9条の会 at 13:32| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

11524 豊洲はアウトだ!

水久保文明さんのブログ「ヘボやんの独り言」より転載
http://96k.blog98.fc2.com/
17年03月19日
11524 豊洲はアウトだ!

■水久保文明(JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記)


 生鮮市場の豊洲への移転問題はいよいよヤマ場を迎えた。9回目の検査も、基準値を超えるベンゼンが検出されたという(朝日デジタル)。これはもう、完全にアウトである。

 そもそも、食料品を取り扱う場所に有害物質があってはならない。したり顔の評論もどきのなかに、「基準値以下であれば問題ない。人間の健康に影響はない」という意見がある。が、日々都民が口にするものが取引される場所に、基準値以下といえども有害物質はあってはならないのだ。

 最近、築地で有害物質が発見されたことが問題になった。報道をみる限り、これは基準値以下のようだ。しかし問題になった。それはそもそも論からして、市場に有害物質が「あってはならない」ものだからだ。

 豊洲は基準値以下どころか、大幅に上回っているという。ということは、豊洲移転は無条件で撤回しかない。それにしても不思議なことがある。工事の開始時期や、途中の調査ではこんなに高い結果はなかった。ところが、最近になって事態の深刻さが表面化した。最初の時、誰かが操作したのではないかと疑う余地は十分にある。

 豊洲移転を撤回した場合、誰がどう責任を取るのか、市場建設の拠出金をどう補償するのか、代替地をどうするのか――などの問題が残る。代替地は築地移転問題が起きたときの議論に戻せばいい。築地の2階化である。

 築地が「手ぜまになった」という議論が起きたとき、最初に浮上したのがこの案だった。日常作業をしながら建設することは可能だったという。そこに横ヤリを入れたのが、当時の都知事だった石原慎太郎さんだったのだ。

 さて、小池百合子東京都知事、どんな結論を下すのか。期待したいところだ。

                           ◇=◇=◇
豊洲市場の地下水、再調査でも基準超える有害物質
朝日新聞デジタル 3/18(土) 2:06配信


 東京都の豊洲市場の地下水から環境基準の最大79倍のベンゼンなどが検出された問題で、都の専門家会議が複数の検査機関に依頼して再調査した結果、市場敷地内の複数地点で基準超の有害物質が検出されたことが分かった。築地市場からの移転を延期した小池百合子都知事は、検査結果などを参考にする考えで、移転について難しい判断を迫られることになる。

 豊洲市場の地下水については、土壌汚染対策工事が完了した2014年から都が検査を実施。昨年9月公表の8回目には基準をわずかに超すベンゼンなどが初めて検出されたが、今年1月公表の最終9回目に全201地点のうち72地点で、基準の最大79倍のベンゼンなどを検出。安全性を検証している都の専門家会議が4機関に依頼して再調査をしていた。

 関係者によると、再調査対象の29地点のうち、複数地点で基準を超す有害物質が検出された。濃度は9回目の検査結果と大差ない程度という。都は敷地内の地下水位を一定に保つ管理システムを昨秋に本格稼働しており、地下水の変動が影響したという見方が出ている。

 結果は19日の専門家会議で公表される。
                           ◇=◇=◇

★脈絡のないきょうの一行
南スーダンで、自衛隊員5人が一時拘束。一歩間違えば大変なことに。即刻、撤退すべし。

posted by マスコミ9条の会 at 19:25| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

国有地安売りの理財局長が大出世

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月18日
国有地安売りの理財局長が大出世

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 愛読している牧太郎さんのブログ「牧太郎の二代目・日本魁新聞社」が、連日「森友」疑惑を追っている。「小悪は『○田局長』?巨悪は『あそ○』+『○べ』?」。牧さんは『サンデー毎日』の自分のコラム「牧太郎の青い空白い雲」をブログに再録。「森友」疑惑への安倍首相の関与は確かだという。

 証拠となるのは2015年9月3日から3日間の安倍首相夫妻の動静。時まさに戦争法案が国会で強行採決される寸前だった。首相は3日午後2時17分から27分まで財務相の岡本薫明官房長、迫田英典理財局長と面会。4日は金曜日なのに大坂へ飛んで読売テレビの番組収録。夜は秘書官らと会食している。

 この重要議案審議中の出張について、安保法制参院特別委員会の鴻池祥肇委員長が「一国の首相としてどういったものか」と不快感を示したという。それほどまでして大坂に行った理由は何か。牧さんは疑問を呈する。そして5日には昭恵夫人が籠池氏経営の塚本幼稚園で講演し、名誉会長に就任しているのだ。

 迫田英典という人物についてネットで調べてみた。1959年、山口県下関市の生まれ。82年東大法学部卒、当時の大蔵省に入職。竹下内閣の総理大臣秘書官補、金融庁信用機構室長、02年、徳島県庁企画総務部長、東京国税局徴収部長、関東信越国税局長、主計局次長、14年財務省大臣官房総括審議官を経て15年7月理財局長。16年6月17日に第47代国税庁長官に就任し現在に至っている。

 なるほど、15年7月に国有地売買の権限を持つ理財局長になり、9月に安倍首相に会い、「森友」の籠池氏に大坂航空局用地を8億円も値引きして売却し、その功績で財務官僚としては最高位の国税庁長官にまで上りつめた、という図が描けるわけだ。こうなるとこれまで蚊帳の外で、我関せずと涼しい顔をしていた麻生財務大臣にも火の粉が飛ぶことになる。牧さんの言う「『あそ○』+『○べ』」だよな。

 籠池氏は23日に参院予算委員会に証人として喚問される。安倍首相筋としては「お前そんなことをべらべらしゃべったら手が後ろに回るぞ」と脅かして幕引きに持っていく公算だろうが、そうはさせてはなるまい。嘘をついてはぺこぺこ謝っている稲田防衛大臣や、怪しげな学校を優先認可した松井大阪府知事、その後ろ盾の橋下徹氏、それから問題の迫田国税庁長官と麻生財務大臣。金で口利きさせられそうになった鴻池参議院議員。最後に安倍昭恵さんにも是非証人台に立ってもらわなければなるまい。

posted by マスコミ9条の会 at 18:33| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11523 去るも地獄、残るも地獄……

水久保文明さんのブログ「ヘボやんの独り言」より転載
http://96k.blog98.fc2.com/
17年03月18日
11523 去るも地獄、残るも地獄……

■水久保文明(JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記)


 初めて、原発避難者訴訟の判決が出た。国と東電の責任を認めたことは評価できるが、その賠償内容に忸怩たる思いを禁じ得ない――。

                           ◇=◇=◇
<原発避難者訴訟>原告、笑顔なき勝訴…苦労報われず落胆
毎日新聞 3/17(金) 21:20配信


 笑顔なき「一部勝訴」だった。17日の原発避難者訴訟の判決で、前橋地裁は東京電力と国の賠償責任は認めたものの、命じられた賠償額は原告の請求からは程遠かった。古里を奪われた代償を求めて3年半。大半の原告が周囲に知られないように名前も伏せ、息をひそめるようにして闘ってきた。「もっと寄り添ってくれる判決を期待していたのに」。苦労が報われなかった原告の顔には落胆の表情が浮かんだ。【尾崎修二、山本有紀、鈴木敦子】(以下、省略)
                           ◇=◇=◇

 1960年代、エネルギーが石炭から石油に変わるとき、多くの炭鉱労働者が職場を追われた。一部では、大量の指名解雇も行われた。そのとき言われたのが「去るも地獄、残るも地獄」であった。原発避難者訴訟は、この言葉とオーバーラップする。

 避難指定区域かどうかを問わず、福島を離れることを決断せざるを得なかった人たちの思いはいかほどであっただろうか。原発事故から避難してきた人たちを私は知っている。子どもの健康を考えたとき、自宅を捨てて@」れる決断をした苦渋の選択に至る経過も聞いた。福島に残った人たちに、申し訳ないと思いながらふるさとを捨てる苦しみは、測り知れない。

 原発避難者の子どもへのいじめは報道されているとおりだ。それを避けるために子どもを避難先から離れた学校に通学させている家族もある。当然、経済的にも負担は重くなる。「そこまでして……」という避難への批判的な声が聞こえる。が、子どもをまもる親の気持ちは、そこまでする、のである。

 翻って、福島に残った家族のことに想いを馳せてみたい。不安はない、と言い切れるだろうか。「コントロールされている」とウソで固められた放射線対策を、どれくらいの人たちが信じているだろうか。子どもと一緒に逃げ出したい、しかし、その経済的保証がない、だから残らざるを得ない、という家族はいないのだろうか。

 今回の判決の賠償内容もそうだが、原発避難者の子どもへのいじめも今の政治の縮図に見える。「弱い者いじめ」がまかり通る図式である。安倍自公政権は、年金カット、高齢者医療費負担増、介護の必要な人の切り捨て――など、典型的な弱い者いじめ$ュ策を強行している。同じことが原発避難者にも行われているのだ。悲しい現状ではないか。

 いや、待てよ。もしかしたらこの国の国民全体が「去るも地獄、残るも地獄」状態に置かれているのかもしれない。

★脈絡のないきょうの一行
「森友疑獄」は籠池泰典理事長VS安倍晋三首相による日本会議の内紛化してない? メディアさん、誤魔化されないでね。
posted by マスコミ9条の会 at 18:24| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

海外旅行・南フランス(2007年)A

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765
労働運動は社会の米・野菜・肉だ。
2017年03月16日
海外旅行・南フランス(2007年)A

■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)


 ワイナリー見学の後、バスは一路ベルジュラックへ。あのシラノ・ド・ベルジュラックとは何の関係もないそうだ。着いたのは夕方だったが、すぐ小型船に乗り換えてガロンヌ川のポートクルーズ。このガロンヌ川、昔はボルドーからトゥ―ルーズまでフランス南西部を縦に走る貴重な水路だった。

 約1時間のクルーズを楽しんだ後、郊外の鄙びた2階建ての「大きなブドウ畑の館」という名のホテルにチェックイン。夕食はそのホテルのレストランでとった。テリーヌなどのカモ料理が主体でワインもおいしい。知り合いの上野さん、油田さんたちと一緒のテーブルで楽しく飲んだ。外へ出たら寒くて震えた。

 翌25日も移動日。午前9時にホテルを出発、30分ほどでモンパジェという昔の城塞都市に立ち寄る。それまでの都市はお城や教会が中心だっだがここは市場が中心。その周りに都市が形成された。つまり封建社会から資本主義への移行の象徴的都市なんだよな。市場は今でも活発に商売をしていた。

 午後は丘の中腹につくられた修道院へ。見晴らしはいいんだけど上りも下りもきつかった。今夜の宿はカルラ・ラ・カネダという町のホテル・ドゥ・セルべ。このホテルには2泊した。

 26日は本ツアーの目玉の一つである「ラスコー洞窟」壁画見学だ。およそ1万7000年前、クロマニヨン人が、住んでいた洞窟に人間や動物を描いたという。もちろん世界遺産だが、この壁画はレプリカなんだそうだ。本物は浸食されない場所に移管され、精巧に摸写したものがここにある。入場料を払って洞窟内に入るが、絵は案外高い所に描かれていて、立ち通しで見て回ったら首と腰が痛くなった。

 各自負担の昼食後、巡礼の聖地ロカマドールを見る。おれはあまり興味ない。退屈して「ここは新宿二丁目みたいだ」と言ったら「何故か」と聞くから「オカマ通りだ」と答えたのだがあまり皆さんから受けなかった。

 午後4時に「オカマ通り」を発った。5時にはカネダの町に帰って街を散策するつもりだったが、町に入るところで交通規制に会い、ぐるぐる回らされて結局ホテルに着いたのが6時半。その足でレストランまで行き夕食。カモのフォグラが出たが、そんなにおいしいものではなかった。

 この旅行では飲み物料金をその都度集めるシステム。面倒でありなおかつ気分良く飲んだ後では興醒めだ。おれが主宰する旅行ではあらかじめ共通経費を徴収しておいて、その中から飲みもの代を払うようにしている。
posted by マスコミ9条の会 at 22:02| Comment(0) | 労働運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ9条の会ブログ